忍者ブログ
――ファンタズマゴリア――     走馬灯のように 次々と移ろいゆく 幻想の中で
プロフィール
管理人:波華
観劇好き。主に狂言、歌舞伎、日本舞踊、大衆演劇、落語などをよく観ます。大蔵流茂山千五郎家、尾上菊之助さん、中村勘九郎さん、尾上菊之丞さん、橘菊太郎劇団、劇団花吹雪、などがお気に入り。
現代演劇で最大のお気に入りは花組芝居。その他、大中小気になった劇団を観に行きます。
日本舞踊のお稽古をしています。
たまに着物や歌やゲーム(DQ,FF)の話題も。
連絡先 e_yassie@yahoo.co.jp
鑑賞予定
おススメの品
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
B000AO8CH4

Colours of Light -Yasunori Mitsuda Vocal Collection-
光田康典
B002EBDN20


最新コメント
2年ぶりのFFコンサート!⇒ AleksiiPex[08/05]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ 波華@管理人[03/14]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ moto[03/10]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ 波華@管理人[02/08]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ moto[02/06]
菊花の契り⇒ 波華@管理人[11/19]
菊花の契り⇒ くりみ[10/18]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 波華@管理人[07/04]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 蜂須賀承能[07/04]
劇団新感線「蒼の乱」⇒ 波華@管理人[04/25]
カテゴリー
アーカイブ
更新リスト
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析
Ad
調べるといろいろ面白いものが見つかるもんだ
2004年10月01日(金) 00:51:48
昨日は映画「陰陽師2」が放送されてましたね。
同じ時間に「その時歴史が動いた 戊辰戦争を阻止せよ!」が放送されていたので、私はそっちを録画してしまいましたが(^^;
「陰陽師2」は今回もカットされまくりだったんでしょうか??
CMが多すぎて気分が削がれた、という話はちらほら聞いたんですが…
前作「陰陽師」がTBSで放送されたときのカットのされ方と言ったら、凄まじいものがありましたからね。

「三響会」から家に帰った時は、最後2分くらいだけかろうじて見ることができました。
全てが無事に終わって晴明邸で酒を酌み交わすシーン。
ん~まぁ、いまさらなんだけどさ、あの笑い交わすシーンて変じゃないですか?
晴明ってあんなに大きな声で呵呵大笑するイメージじゃないんだもん。
博雅をからかうのはいいけど、そんな意地悪そうな顔して流し目しなくてもいいのに。
博雅の反応の仕方もなんだかアホの子丸出しだから、見ていて痛いぞ。

実はひそかに前作からこのように感じていたみたいです、私。
映画の中の他のシーンには全く違和感は感じないのに、晴明邸で酒を酌み交わしながら戯言を言い合うこのシーンだけ、納得いかないみたいです。
晴明には「あはは」ではなく「ふふん」と笑って欲しいな。


えっと、今日テレで「アフリカのツメ」を見てるんですが、これに勘定方の河合さんが出てます。大倉孝二さんです。大倉さんて小劇場出身の方なんですね。でもこの番組を観て、バラエティの人なのかと思ってました。
今、猫耳メイドのコスプレした子を観て絶叫してます(笑)


そういえば、甲子太郎先生こと谷原章介さんがフジテレビの「ニューデザインパラダイス」という番組のプレゼンターをしているのも、この間たまたま番組を観て知りました。
ほんの少しナルっぽい振る舞いが甲子太郎先生そのもの!に見えて、三谷さんのキャスティングは見事だと思いました。
「ニューデザインパラダイス」は、
『禁じられた遊び』『お厚いのがお好き?』に続く、大人のための知的情報番組
だそうです。
「禁じられた遊び」って…篠井英介さんがプレゼンターをしてた番組じゃないですか。どことなく番組のテイストが似ていると思ったら…
決して、谷原さんと篠井さんが似ているとは言ってませんよ。


何となく、大倉孝二さんについて調べてしまいました。
・シマブーの舞台俳優熱血ラブラブ列伝 大倉孝二さんの巻
映画「ピンポン」のアクマ役だったんですか!?私この映画観てるはずなんだけどー!
えーあのアクマが大倉さんだったのか…すごい意外。
獅童さんがドラゴン役だったのと同じくらい意外だ。
その他、「ジョゼと虎と魚たち」「スウィングガールズ」にも出演しているし、来年?公開予定の映画「阿修羅城の瞳」にもご出演。3番目に名前が出てるから結構大きい役では?何てったって市川染五郎・宮沢りえ出演、滝田洋二郎監督ですよ。公開したら観に行こうと思っていたところなので、楽しみが一つ増えました。
(最新SFXを駆使、ってのが気がかりだけど…)


うわーこうやって連鎖的に調べていくと、楽しみがどんどん増えてゆくー!!

拍手[0回]

PR
コメント
はい、『Ⅰ』の時に比べたらずっとマシなカットでしたよ(笑)。前みたいにひとエピソード丸ごと取っ払うみたいな暴挙はありませんでした。ただ・・・。
CMの挿入間隔も、最初は問題無かったのですが・・・終盤に行くにつれて何やら不可解な間隔に。なんかヤヴァイなぁと思ってたら案の定またもや"エンドロール全面カット"でした(泣)。
波華さんが「変じゃないですか?」と仰る大笑い(笑)でぶちっ!と切れてCM、CM終わったら有無を言わさずエンドマーク(爆)。正直、作品構成をなめてるとしか思えません(暴言失礼!)。

T○Sには時間延長して完全放送する気はさらさらないようですね。「視聴率取れました!」とかは平気で言うくせに(苦笑)。
RICC URL 2004年10月01日(金)16:53:43 編集
RICCさん、こんにちは。JUGEMメンテナンスのため、返事が遅れました。
そっか、1の時よりはマシでしたか~。
でも、本編カットはあまり気持ちのいいものではないですよねぇ。CMも多すぎると集中力が切れるし、やたらうるさいので雰囲気ぶち壊しですよね。
最近NHKを良く観るので、CMが無い番組を観ているときに味わえる陶酔感が病み付きになりました。

エンドロール全面カットは、よくよく考えると仕方ないのかなぁと思うようになりました。だって民法で映画を放送する場合にエンドロールまで親切にも流してくれることって殆んど無いですから。

でもエンドロールは許せても本編カットはなぁ。
変に勘ぐってしまったんですが、DVD購買意欲を煽るためにあえて全編放送しなかったという可能性も無くは無いわけですよ。「カットされてる」とか「エンドロールを見せて」と騒げば騒ぐほど、DVDを持っていない人の興味を惹くわけですから。
だとしたら恐ろしいなぁ。テレビ業界の黒い一面。利益のためなら視聴者の不満も何のその。逆に利用されていそうで腹立たしい。
波華@管理人 2004年10月04日(月)12:52:19 編集

初めましての方はぜひ自己紹介を。
お名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック

記事内容に全く関連のないトラックバックは断り無く削除します。
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]