忍者ブログ
――ファンタズマゴリア――     走馬灯のように 次々と移ろいゆく 幻想の中で
プロフィール
管理人:波華
観劇好き。主に狂言、歌舞伎、日本舞踊、大衆演劇、落語などをよく観ます。大蔵流茂山千五郎家、尾上菊之助さん、中村勘九郎さん、尾上菊之丞さん、橘菊太郎劇団、劇団花吹雪、などがお気に入り。
現代演劇で最大のお気に入りは花組芝居。その他、大中小気になった劇団を観に行きます。
日本舞踊のお稽古をしています。
たまに着物や歌やゲーム(DQ,FF)の話題も。
連絡先 e_yassie@yahoo.co.jp
鑑賞予定
おススメの品
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
B000AO8CH4

Colours of Light -Yasunori Mitsuda Vocal Collection-
光田康典
B002EBDN20


最新コメント
2年ぶりのFFコンサート!⇒ AleksiiPex[08/05]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ 波華@管理人[03/14]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ moto[03/10]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ 波華@管理人[02/08]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ moto[02/06]
菊花の契り⇒ 波華@管理人[11/19]
菊花の契り⇒ くりみ[10/18]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 波華@管理人[07/04]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 蜂須賀承能[07/04]
劇団新感線「蒼の乱」⇒ 波華@管理人[04/25]
カテゴリー
アーカイブ
更新リスト
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析
Ad
繋がり
2008年06月18日(水) 23:27:04
花組芝居の「かぶき座の怪人」2001年版は、長唄の杵屋崇光さんという方が音楽担当をしていらっしゃって、劇中の音楽を作曲したり、演奏したり唄ったりしたそうです。
オープニングの、提灯を使った群舞のバックに流れる、長唄お囃子とロックバンドが混ざった曲がカッコよくてねぇ~。
提灯の動きとドラムの音がぴったり合ってて、ドラムが視覚的に体に響く感じがして、見ていて気持ち良い、好きな場面なんですよね。マニアックかもしれないけど。
これも杵屋崇光さんの作ですね。

杵屋崇光さんは、去年襲名して杵屋勝四郎に名前が変わったそうです。
「かぶき座の怪人」DVDで、加納さんが「杵屋勝四郎さんは昔、THE家元という邦楽ロックバンドをやってた」と言っていたのが気になって、杵屋勝四郎さんのサイトを見に行ってみました。

THE家元というバンド、今から20年ほど前にやってたみたいで、当時のバンドブームに乗っかって「イカ天」にも出演してかなり評判高かったみたい。


あと、楽曲紹介に、こんなCDが載ってました。
「淡雪の恋…曼珠沙華/この世の夢…恋する梅川」
この2曲、橘劇団や劇団朱雀が良く舞踊ショーで使ってる曲じゃないですかぁぁあ!!
妖しい色気が漂う不思議な歌で、けっこうお気に入りの曲だったんですけど、まさかプロの長唄さんが歌っていたとは!
しかも「かぶき座の怪人」音楽担当の杵屋勝四郎さんって。
確かに言われてみれば、「かぶき座の怪人」の唄の声と、上の曲の声と同じかも。
そっかぁそっかぁ。

このCD欲しいな。
シングルみたいだけど、今も買えるのかなぁ?

そして太一くんにまた「この世の夢…恋する梅川」で踊って欲しい。確か舞踊コレクションの1曲目がこの曲だったはず。


(正直…「この世の夢」を聞いたときは、最初の転調に違和感があって、安っぽいなぁと思ったんですけど
 それ以外はいい曲だと思います

拍手[0回]

PR
コメント
こんにちは、お久しぶりです。
私も村治さんのCD、好きです。
(というか、全部ありますvv)
プロの方なんですよね~私も後に知りました。
CD、よければコピーしましょうか??
2008年06月30日(月)12:37:44 編集
>玲さん
ホントですか!?それはとても嬉しいです!
おおっぴらにコピーは違法になっちゃうので…合法的にお借りできると(^^;とても助かります!
ご連絡、お待ちしています♪
波華@管理人 2008年06月30日(月)15:57:30 編集

初めましての方はぜひ自己紹介を。
お名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック

記事内容に全く関連のないトラックバックは断り無く削除します。
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]