忍者ブログ
――ファンタズマゴリア――     走馬灯のように 次々と移ろいゆく 幻想の中で
プロフィール
管理人:波華
観劇好き。主に狂言、歌舞伎、日本舞踊、大衆演劇、落語などをよく観ます。大蔵流茂山千五郎家、尾上菊之助さん、中村勘九郎さん、尾上菊之丞さん、橘菊太郎劇団、劇団花吹雪、などがお気に入り。
現代演劇で最大のお気に入りは花組芝居。その他、大中小気になった劇団を観に行きます。
日本舞踊のお稽古をしています。
たまに着物や歌やゲーム(DQ,FF)の話題も。
連絡先 e_yassie@yahoo.co.jp
鑑賞予定
おススメの品
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
B000AO8CH4

Colours of Light -Yasunori Mitsuda Vocal Collection-
光田康典
B002EBDN20


最新コメント
2年ぶりのFFコンサート!⇒ AleksiiPex[08/05]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ 波華@管理人[03/14]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ moto[03/10]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ 波華@管理人[02/08]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ moto[02/06]
菊花の契り⇒ 波華@管理人[11/19]
菊花の契り⇒ くりみ[10/18]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 波華@管理人[07/04]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 蜂須賀承能[07/04]
劇団新感線「蒼の乱」⇒ 波華@管理人[04/25]
カテゴリー
アーカイブ
更新リスト
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析
Ad
テレビ雑誌の選び方
2004年09月17日(金) 22:16:13
私は新聞を取っていないので、テレビ欄を見たい時にはyahoo!を調べます。
それでもわざわざパソコンを立ち上げなきゃいけないので、やっぱり紙媒体の方が便利ですよね。
んでコンビニでテレビ番組雑誌を物色したんですが、購入の決め手となったのは、値段でもなく掲載されている期間の長さでもなく、


「大河ドラマの話題を扱っているかどうか」

今発売中の「TV station 関東版」には中村勘太郎さんのインタビューが1ページ、今後の展開解説が1ページ載っていました。
「サイン入り生ポラ」のプレゼントがあったんですが、「中村勘太郎」のサインと共に「ヘースケ[:ハート:]」の文字が。
何なんでしょう、このハートは…
でも、このカタカナとハートがこの上なく平助に似合ってる気もしますね~


ふと思い出しました。
会社の先輩から、「新撰組」のゲームがあるという話を聞きました。
ま、有名な新撰組のことですから、ゲームの5本や10本くらいはあるでしょう。
先輩が知っているゲームは、基本的には敵と剣で戦うアクションゲームだそうですが、レベルアップのために試衛館で平助や山南さんに稽古をつけてもらえるんですって。

「えっかっ顔はどーなってるんですか!?」
「いやさすがに演じてる役者の顔じゃなくて、そのゲームがオリジナルで作った顔だよ」

そんなゲームのどこに意味があるのだ?
どうせなら、大河の平助や山南さんに稽古つけてもらいたいじゃないの!
やべぇ、想像してたら心拍数が上がってきた…


ま、現実的な話をすると、いくらCG技術が進歩しても現実の人間の顔を作るのは相当難しいので、ゲームの顔を見て幻滅するのがオチか…。
映画のようにあらかじめ決められた動きしかしないんだったら、かなり緻密なCGが作れるけど、ユーザの操作に従って動くCGを作る場合はまた作り方が違うんだろうな。
それ以前に、役者の顔をゲームのキャラクタに取り入れるのって許可が必要だろうから、金がかかるでしょうね。昔、「鬼武者」とかいうゲームに金城武がキャラクタとして使われていたけど、あれも出演料とかかかるのかなぁ。

そもそも、大河ドラマ「新選組!」が好きな人々と、剣客のアクションゲームを好んで購入する人々とは余りかぶっていない気がする…
ダメじゃん。

拍手[0回]

PR
コメント

初めましての方はぜひ自己紹介を。
お名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック

記事内容に全く関連のないトラックバックは断り無く削除します。
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]