忍者ブログ
――ファンタズマゴリア――     走馬灯のように 次々と移ろいゆく 幻想の中で
プロフィール
管理人:波華
観劇好き。主に狂言、歌舞伎、日本舞踊、大衆演劇、落語などをよく観ます。大蔵流茂山千五郎家、尾上菊之助さん、中村勘九郎さん、尾上菊之丞さん、橘菊太郎劇団、劇団花吹雪、などがお気に入り。
現代演劇で最大のお気に入りは花組芝居。その他、大中小気になった劇団を観に行きます。
日本舞踊のお稽古をしています。
たまに着物や歌やゲーム(DQ,FF)の話題も。
連絡先 e_yassie@yahoo.co.jp
鑑賞予定
おススメの品
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
B000AO8CH4

Colours of Light -Yasunori Mitsuda Vocal Collection-
光田康典
B002EBDN20


最新コメント
2年ぶりのFFコンサート!⇒ AleksiiPex[08/05]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ 波華@管理人[03/14]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ moto[03/10]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ 波華@管理人[02/08]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ moto[02/06]
菊花の契り⇒ 波華@管理人[11/19]
菊花の契り⇒ くりみ[10/18]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 波華@管理人[07/04]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 蜂須賀承能[07/04]
劇団新感線「蒼の乱」⇒ 波華@管理人[04/25]
カテゴリー
アーカイブ
更新リスト
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析
Ad
大阪遠征第二日目
2004年04月18日(日) 11:21:20
2日目は完全フリーだったので、事前に調べていた能の会を京都まで観に行きました。
目的は、もちろん千五郎家の出演者~♪

「土筆」に七五三さんと千三郎さん、「船弁慶」の間に宗彦さん出演です。

宿泊先の大阪から京都まで、JRで移動。京都に着いて改札を出た私の目の前に現れたのは…
「都をどり」のポスターでした。

舞妓さんの舞踊会?これって4月中はずっとやってるの?
じゃぁ今日も観られるのかなぁ?うわー観たい!
4月って舞妓さんの舞踊会のシーズンなのかなぁ。北野をどりとか、鴨川をどりとか、舞踊会のポスターやチラシがいろいろありました。しかも各所とも4月中毎日やってる…
鴨川をどりって、青楓さんが振り付けと稽古に行ってたはず!
えーマジ観に行きたいー能の会やめてこっちにしようかなー(チケ代まだ払ってないし)

ちょっと待て私!能の会には何を観に行くつもりなのか分かってる?
そうだった…七五三ばぶさんの狂言と、もっぴアイを観に行くんだった…
これは行かないわけにはいかないよな…。

という葛藤が私の中で巻き起こること約5分。
能の会が終わったあとに行けたら行こうと思ってチラシだけは確保しましたが、終了予定時刻が思ったより遅かったので無理でした。
事前に舞踊会のことを知っていたら、最初から舞踊会を観に行くつもりで予定を立てたかもしれないです。
仕方がない。来年かな。
そのときには4月頭に来て桜を堪能して、それぞれの舞踊会をはしごして、ついでにギオンコーナーも観に行ってやろーっと。

能の会の「船弁慶」の感想だけ、ちょこっと。
宗彦さんのアイは船頭役なんですが、普通の太郎冠者装束なんですね。もっと船頭っぽい格好になるのかと思った。
で、初めてアイを観ましたが、良かったと思うよ!私は能をたくさん観ているわけじゃないので比較は出来ませんが。間独特の重々しい語り口調とか、「そうろう調」(ござる調ではなく)とか、いつもの狂言とは違う語りかたがけっこうしっくりしていて、変には思いませんでした。
こう書くと、元々の評価が低いみたいに思われちゃいますね(^^;
噂が先入観としてあるだけですので…

船頭が船を持ってくるところでちょっとウケてしまいました(笑)だって、作り物の船が「狐と宇宙人」のUFOの作り物を思い出させたから!
まぁ、笑ったのはそこだけで、船頭の役割は、船の櫂の動きで平家の怨霊が迫ってくる緊張感を表すのが重要らしいです。観ていてなるほどーでした。細い竹を櫂に見立てて漕いでいるところへ何か得体が知れないものが現れたときに、急に櫂でその方向を指す動き。緊迫感が伝わりました。船頭の足拍子と大鼓・小鼓の急拍な掛け合いがすごい迫力でした。うん、面白い!
全体的に展開が早いこともあって、引き込まれました。前半は人情的なストーリーで展開がゆっくりしていて、あんまり良く分からなかったんです。でも後半は、戦いの場面が多いのでわかりやすかったです。
ちなみに、囃子方は大鼓:谷口有辞さん、小鼓:曽和尚靖さん、太鼓:金春国和さんでしたよ!唐相撲チームですな。かっこいいね~


能2番と狂言1番、仕舞いくつかで全部で4時間。長かったなぁ。
でも、能「景清」では七五三さんが二階席で鑑賞していたのを発見し、終わった後には井口くんの運転する車で帰る七五三さん宗彦さんを目撃できたというおまけつき。らっきーでした♪

拍手[0回]

PR
コメント
遠征お疲れさまでした~。
『船弁慶』楽しまれたようで(^^) 後場はいいですよね。アイの船頭が場の雰囲気を盛り上げてくれて、好きです。宗彦さんよかったですか♪ちょっと責任感じてたんで・・・ははは・・・(汗)
私も、船頭が舟持って出てくるのを初めて見たときはちょっとウケました。電車ごっこみたい、なんて思ったりして(笑)
京都観世会館は、帰っていく能楽師の方々をお見送りしやすくて、いいとこなんです。

で、ちょっとつっこみをば。。
太鼓方は『井上敬介』さんだと思います。唐相撲も井上さんでしたし。観世流の方なので、「金春さん」はまず無いかと(^^;
ちひろ 2004年04月18日(日)13:32:07 編集
私もー!(笑)

いきなりこれじゃ何に対してコメントしているのか分かりませんね(汗)。
船頭が船持ってくるところ、です。幕に入ってすぐ出てくるんですよね。私も船見た瞬間は笑っちゃいました。以前、乱能で電車ごっこやった、と聞いたので余計(笑)。その後は手に汗握ってシテさんを全く気にしないうちに終わってました。何見てたんだ?←アイ

ホント、船弁慶は面白いです!
URL 2004年04月19日(月)02:18:39 編集
>ちひろさん
はい、楽しんできました~(^o^)よかったですよ、もっぴ。
えーちひろさんが責任を感じることなんて全く無いですよ。大丈夫です!私は別ルートで聞いた噂が先入観としてあっただけなので…(^^;
京都観世会館は、お客さんの出入り口と楽屋出入り口が同じ方向に面しているから、お見送りしやすいんでしょうね~きっと。
お正月も、楽屋入りする千五郎家の面々を見かけられましたし。

で、太鼓方なんですけど…
確かに番組表には「井上敬介」さんと書いてありました。私は井上さんは拝見したことが無いんですが、出てこられた太鼓方に見覚えがあって…唐相撲の金春さんじゃないの?と。声も同じに聞こえたし…
なので、出演者変更があったのかな、と軽く考えていました。
でも、流派的にありえないとなると、私の勘違いかなぁ?
井上さんと金春さんて、似てますか?
うーん。

>涼さん
そうそう!凄い勢いで橋掛かりを駆け抜けて、幕に入って出てくるところ!
電車ごっこですねー確かに(笑)
やっぱアイって異分子ですねぇ(どういう感想だ)
涼さんが観にいかれたときはアイは誰だったのかな?(考えるまでも無く御当主か?)と思って、涼さんとこにレポを読みに行こうと思ってたんですよー。
TOPPA!では童司くんでしたっけ。楽しみですね!私は観に行けないけど…(^^;

「船弁慶」は、数少ない私の鑑賞履歴の中の、好きな番組の一つになりました。
あと好きなのは、「土蜘蛛」かな。蜘蛛の巣を投げるところが綺麗なので。
これは東京TOPPA!でやってくれるので、観に行く予定ですよー!
波華 2004年04月19日(月)17:53:25 編集
>太鼓方
波華さんの唐相撲レポを読み直してみたのですけど・・・東京公演でも太鼓は井上師だったようなので、もしかしたらお名前を間違えて覚えておられるのかも??

TOPPA!『土蜘蛛』私も行きます~♪
ちひろ 2004年04月19日(月)22:32:15 編集
あわわ…本当だ…
間違えて覚えていたみたいです。
お恥ずかしい(><)
なんで金春さんだと思い込んでいたんだろう~自分でワケが分かりません(笑)
インプットしなおします!

ちひろさん、『土蜘蛛』@東京TOPPA!観に行かれますか!
わーい♪会えますねー♪
波華 URL 2004年04月19日(月)23:42:41 編集

初めましての方はぜひ自己紹介を。
お名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック

記事内容に全く関連のないトラックバックは断り無く削除します。
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]