忍者ブログ
――ファンタズマゴリア――     走馬灯のように 次々と移ろいゆく 幻想の中で
プロフィール
管理人:波華
観劇好き。主に狂言、歌舞伎、日本舞踊、大衆演劇、落語などをよく観ます。大蔵流茂山千五郎家、尾上菊之助さん、中村勘九郎さん、尾上菊之丞さん、橘菊太郎劇団、劇団花吹雪、などがお気に入り。
現代演劇で最大のお気に入りは花組芝居。その他、大中小気になった劇団を観に行きます。
日本舞踊のお稽古をしています。
たまに着物や歌やゲーム(DQ,FF)の話題も。
連絡先 e_yassie@yahoo.co.jp
鑑賞予定
おススメの品
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
B000AO8CH4

Colours of Light -Yasunori Mitsuda Vocal Collection-
光田康典
B002EBDN20


最新コメント
2年ぶりのFFコンサート!⇒ AleksiiPex[08/05]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ 波華@管理人[03/14]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ moto[03/10]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ 波華@管理人[02/08]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ moto[02/06]
菊花の契り⇒ 波華@管理人[11/19]
菊花の契り⇒ くりみ[10/18]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 波華@管理人[07/04]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 蜂須賀承能[07/04]
劇団新感線「蒼の乱」⇒ 波華@管理人[04/25]
カテゴリー
アーカイブ
更新リスト
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析
Ad
八月納涼大歌舞伎 第3部 8/23
2008年08月29日(金) 14:13:05
奮発して1等席~。花道横~。
そんなに前ではないけどね。


一、新歌舞伎十八番の内 紅葉狩(もみじがり)
     更科姫実は戸隠山の鬼女  勘太郎
              山神  巳之助
           従者右源太  高麗蔵
           同 左源太  亀 蔵
            侍女野菊  鶴 松
            腰元岩橋  市 蔵
             局田毎  家 橘
         余吾将軍平維茂  橋之助


二、野田版 愛陀姫(あいだひめ)
              濃姫  勘三郎
             愛陀姫  七之助
        木村駄目助左衛門  橋之助
          鈴木主水之助  勘太郎
              高橋  松 也
           多々木斬蔵  亀 蔵
            斎藤道三  彌十郎
           祈祷師荏原  扇 雀
           同  細毛  福 助
            織田信秀  三津五郎

「紅葉狩」
久しぶりに勘太郎くんの舞踊をたっぷり観られる!ということで楽しみにしていました。
プラス、思わぬ人を舞台上に発見し、ダブルで楽しみました。

幕開き最初に、長唄の雛壇になんだか見知った人を発見。もしや、勝四郎さん?
勝四郎さんの顔を知っている自覚が無かったのにに、なんで観た瞬間に分かったんだろ、私。
声を聞いて、確かに勝四郎さんだ!と確信。
最近マイブームで曲を良く聴いている、村治崇光さんのことです。襲名して杵屋勝四郎になりました。
いつか歌舞伎の興行で声を聞きたいな~と思っていたところ、こんなに早く実現するとはね。
しかも勘太郎くんの舞踊の舞台でなんて…♪嬉しい~

勝四郎さん、長唄さんの中心にいて、ソロもあったりして、かなりオイシかったです!やっぱりいい声だわ~

勘太郎くんの舞踊、前シテの更科姫はさすが!
顔、ちょっと痩せた?頬骨が目立っているように見えて、正直、お顔は美しいお姫様、ってカンジではないのだけど、あの柔らかで上品な動きで極上の美しいお姫様に見えます(^^)
勘太郎くん、声がお疲れ?女形の芝居の声は語尾がかすれ気味で本調子じゃなかったと思う。
舞踊は、二本扇もあって、小姓弥生にすごく似ている感じだね~。

中盤には、侍女野菊の舞踊も。鶴松くん待ってました!
きっちり丁寧に踊っていて、とても上手でした。背中を反るところ、あんなに後ろにのけぞるんだ。すごいな~。

平維茂が居眠りをはじめ、更科姫が鬼に変化するところ。
声も低くなって、脚も大股になってすごい迫力。いいわぁ~勘太郎くん。シビレました!

後シテの鬼と維茂の対決。
あれっ、期待したほど鬼が迫力ない…。あれっ。
以前観た海老蔵さんの紅葉狩りがすごく迫力あったからかなぁ。ちょっと足りない感じ。
隈取も長い毛の鬘も茶色。ちょっとした毛振りもあって、ますます鏡獅子に構成が似ているなぁと思いました。


「愛陀姫」
上演時間が1時間20分って、短すぎない?
今までの野田歌舞伎って2時間くらいあったよね。
これじゃあシネマ歌舞伎にもしにくいんじゃない?と思っちゃった。他の作品と抱き合わせ上映するか…。

内容は…
元のアイーダも、濃姫や斉藤道三や織田家にまつわる歴史もあんまり良く知らない状態でみましたが、芝居のテンポが速いせいかずいぶん駆け足に感じました。
たぶん、元のオペラの演出方法をより多く取り入れてる形なんだよね?
ストーリーの緻密さよりも、歌劇としての華やかさ(見た目とか音楽とか)を重視しているオペラに習っているというか。
あー古典の歌舞伎も同じか。ストーリーより華やかさを求めることが多いか。

面白かったのは、愛陀姫、濃姫、駄目助左衛門が同じ場面に居て、自分の心の想い(つまり独り言)を大きな声で話していたこと。
その話し方じゃあ他の2人に丸聞こえじゃない!変だよ!と思っちゃったんだけど、これってオペラなら(オペラに限らず?)普通にやってることだなーと。
だって独り言を大きな声で歌ってるもんね。独り言なはずなのに二重唱しちゃったりしてるもんね。

祈祷師の荏原と細毛が面白かった~!この2人のコンビ、最高!
有名なあの人たちのパロディだったのね。チラシ観てても全然気付かなかったわ。

愛陀姫はとても可愛らしくて良かったけど、濃姫は怖すぎるよ~。というか勘三郎さんが濃姫をやる意味ってなんなの?
駄目助左衛門のような爽やかな若者を橋之助さんがやるのは少し無理があったのかも(^^;しれないけど、駄目助左衛門と愛陀姫の愛し合っている様子はいい雰囲気で良かったです。最後に2人で重なって倒れて行く場面は、観ているこっちが恥ずかしかった~(><)
手を握り合ってたよね?なんだか「千年の祈り」の道行みたいだった。けど千年のほうは別に恥ずかしくないんだよなぁ。


というわけで。八月の歌舞伎座も堪能しました。
大ちゃんは稽古の合間にでも歌舞伎座行ったんだろうか…。
太一くん、歌舞伎観に行って面白かったって公式ブログに書いてあったけど、それって八月の歌舞伎座のことなのかなぁ。
うーん。そういう話をぜひしてみたいよ。

拍手[0回]

PR
コメント
こんばんは
歌舞伎もいろいろ新しい試みをしているのですね。
「愛陀姫」が「アイーダ」とは(笑)!

ちなみに、今度、宝塚星組の「スカピン」を
見に行かれるそうですが、星組のトップさんは、
かつて宝塚版「アイーダ」を上演したときに、
アイーダを演じたんですよ。
歌がとっても上手です。お楽しみに!

で、歌舞伎ですが、「平成中村座」の演目について、
分かりやすく(笑)教えて下さって、
ありがとうございました。
お礼が遅くなりました。すいません。
今日、おススメのABのチケットを取りました。
すご~く楽しみです。

セリフや唄(?)がわかるかな~というのが不安で、
字幕ってあります?
またはセリフなどが書いてあるプログラムを
売っていますか?
もし、それらがなくても分るでしょうか?
ほんとに初めてなので、それがちょっと不安です。

大ちゃんも、太一くんも、他の大衆演劇の人たちも、
いろんな演劇などを生で見て、
良いものをたくさん吸収して、舞台に活かしてほしいですね。
moto 2008年08月29日(金)18:27:20 編集
>motoさん
そうなんです、アイーダが元になっている歌舞伎なんです。面白いですよね~こういう試み。
確かちょっと前に、歌舞伎「鳴神/俊寛」をオペラにした作品があったような気もします。

スカピン、って略すんですね(^^)なんだか不思議な響き~
トップさん、歌の上手い方なんですね。楽しみです!
初の宝塚なので、ドキドキです。

平成中村座のこと、あんなフザけたアドバイスでよかったでしょうか(笑)
無事、ABプロを取られたんですね。ぜひ楽しんで来てください!
パンフレット(筋書き)はあると思いますよ。筋がくわしく載っているので役立つと思います。台詞や唄までは載ってないと思います(^^;私は分かんなくても雰囲気を楽しんじゃうので…。
私は、花組芝居のKANADEHON忠臣蔵を観るときには、これを参考にしました。
文化デジタルライブラリー
http://www2.ntj.jac.go.jp/dglib/
ここの「舞台芸術教材3」に、仮名手本忠臣蔵に関する資料があるので、観てみると面白いと思いますよ。よかったらどうぞ~

太一くん大ちゃんと芝居話がしたい…
そんな夢を描いちゃってますけど、きっといつかその日が来るのを待ってます。
龍丸くんも、春之丞さんも、美麗さんも、みんないろんな演劇を観ていいものを吸収して生かしていますし、そういう姿勢を知るとホントに頭が下がります。
なので、彼らの舞台から目が離せないんですよね!!
波華@管理人 2008年08月29日(金)22:42:17 編集
おはようございます。私、ウッカリ勝四郎さんの事を書くのを忘れてました・・・。私も雛壇を見た瞬間、勝四郎さんだと
分かりました(笑)紅葉狩で声が聞けるなんて、本当に良かったですよね~イイ声でしたわん!!私も勝四郎さんの曲にハマッテます★「The家元」すばらしいで~す♪
勝四郎さんが、葵太夫さんと共に舞台に出てくれる日が来ないかしら・・・?!
ニザ 2008年09月01日(月)08:22:40 編集
>ニザさん
勝四郎さん、わかりました!?なんで分かっちゃうんですかね~私たち。
良かったですよね、勝四郎さん♪ホントに、紅葉狩で聴けたなんて嬉しすぎです!The家元も楽しい曲が多くていいですよね。聴いていると元気が出てきます(^^)
波華@管理人 2008年09月02日(火)15:28:35 編集

初めましての方はぜひ自己紹介を。
お名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック

記事内容に全く関連のないトラックバックは断り無く削除します。
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]