忍者ブログ
――ファンタズマゴリア――     走馬灯のように 次々と移ろいゆく 幻想の中で
プロフィール
管理人:波華
観劇好き。主に狂言、歌舞伎、日本舞踊、大衆演劇、落語などをよく観ます。大蔵流茂山千五郎家、尾上菊之助さん、中村勘九郎さん、尾上菊之丞さん、橘菊太郎劇団、劇団花吹雪、などがお気に入り。
現代演劇で最大のお気に入りは花組芝居。その他、大中小気になった劇団を観に行きます。
日本舞踊のお稽古をしています。
たまに着物や歌やゲーム(DQ,FF)の話題も。
連絡先 e_yassie@yahoo.co.jp
鑑賞予定
2016年
1/3 劇団花吹雪公演@浅草木馬館 昼
1/3 たつみ演劇BOX公演@三吉演芸場 夜
1/9 劇団花吹雪公演@浅草木馬館 夜
1/10 劇団花吹雪公演@浅草木馬館 夜
1/11 劇団花吹雪公演@浅草木馬館 夜
1/16 新春花形歌舞伎 昼の部
1/16 劇団花吹雪公演@浅草木馬館 夜
1/17 劇団花吹雪公演@浅草木馬館 夜
1/23 劇団花吹雪公演@浅草木馬館 夜
1/24 劇団花吹雪公演@浅草木馬館 夜
1/26 ぼろぼん忌「なるべく派手な服を着る」
1/27 カクシンハン「ジュリアス・シーザー」
1/30 劇団花吹雪公演@浅草木馬館 夜
過去の鑑賞記録
おススメの品
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
B000AO8CH4

Colours of Light -Yasunori Mitsuda Vocal Collection-
光田康典
B002EBDN20


最新コメント
2年ぶりのFFコンサート!⇒ AleksiiPex[08/05]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ 波華@管理人[03/14]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ moto[03/10]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ 波華@管理人[02/08]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ moto[02/06]
菊花の契り⇒ 波華@管理人[11/19]
菊花の契り⇒ くりみ[10/18]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 波華@管理人[07/04]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 蜂須賀承能[07/04]
劇団新感線「蒼の乱」⇒ 波華@管理人[04/25]
カテゴリー
アーカイブ
更新リスト
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アクセス解析
Ad
Levis' CROSSOVER JAM 市川亀治郎×龍美麗 (前半)
2010年07月13日(火) 12:32:32
しっかり録音できてました。
記憶だけでレポできるかな~。

トーク合間に流れる曲の時間も長くて、トークは実質30分あったかどうか。
細かいところ、間違ってるところがあるかもしれません、後日修正します!

後半はこちら

伝統芸能の世界で活躍する二人の若き役者。
この二人が出会ったのはほんの2ヶ月前のこと。

市川亀治郎(以下、亀)「5月にぼくらが名古屋の御園座で歌舞伎興行をして、名古屋には歌舞伎の劇場が御園座と中日劇場があるんだけど、終演が夜の8時。夜の8時だとまだ時間も早いから、何かすることはないかと。そうしたら、御園座の近くに、いわゆる大衆演劇をやっている鈴蘭南座という小屋があると聞いたんで、じゃあ観てみようかということになって、鈴蘭南座に電話をした」
龍美麗(以下、美)「最初は、御園座の役者さんが来られると聞いて、あ、全然大丈夫ですよ、って」
亀「でも、ぼくらの終演時間が8時で、それから行ったらとても間に合わない。」
美「なので、開演時間を遅らせて」
亀「最初は、お父さんの座長さんのほうをイメージしてたから、そんな大御所さんがそんなことやってくれたのか、と思って。でも、役者が来るって言っても誰が来るか分かってなかったんでしょ。」
美「全然、分かってなかったです。まさか、亀治郎さんがおいでになるとは思ってもいなかったです。で、送り出しっていう、終演後にお客様のお見送りをするときにお会いして。初め帽子を深くかぶってるからわからなくて。帽子をぱっと取ったときに、最初の印象が「風林火山」の親方様だったんで、思わず「親方様!」って言ってしまって」
亀「周りのお客さん、びっくりしただろうね」


亀「ぼくらの歌舞伎は、1ヶ月毎日同じ演目をやるんだけど、大衆演劇では」
美「毎日、演目が変わります。芝居も、舞踊も」
亀「じゃあ、1ヶ月で30種類」
美「いえ、場所によっては昼と夜で変えるところもあるんで」
亀「最大、60種類?すごいね。今、すぐお芝居をやれって言われたら、いくつくらいできる?」
美「今頭の中には入ってるのは…50か60個くらいはできるかな」
亀「昔、藤山寛美さんが、お客さんのリクエストを聞いて毎日違うお芝居をするっていうことをやったことがあって。お芝居のリストをあげて、午前中にお客さんのリクエストを聞いて、昼の休憩30分くらいの間に、化粧も衣装もかえて大道具も用意して、そのあとにその芝居をやったっていうことがあるんだって」
美「それ、前に親父に聞いたことあります」
亀「それを、うちのおじの猿之助が真似をしてやったことがあって、澤瀉十種と猿翁十種の舞踊とを並べて、お客さんに選んでもらってやったことがある」
美「大道具さんとかたいへんだったでしょうね」
亀「もう、てんやわんやだったらしいよ。歌舞伎だと、床山さんとか衣装とか大道具は専門のスタッフがいるけど、大衆演劇では」
美「全部、自分たちでやります。衣装も、道具も」
亀「座長だから、やらないとかいうことは無い?」
美「ないです、ちゃんとぼくらもやります」
亀「公演場所の移動のときは、自分らで荷物を詰め込んで、毎月引越ししてるようなもんだね」
美「そうです、毎月引越ししてます、大変です」


亀「今は歌舞伎、大衆演劇、ってジャン分けがされているけれど、歌舞伎は当時の流行だった義太夫とか長唄をいち早く取り入れていて、それが固定されて今に続いている。それが傾(かぶ)く精神」
美「大衆演劇も、今の流行をどんどん取り入れてます」
亀「見せてもらった舞台、B'zで踊ってたよね」
美「はい、踊ってましたね。大衆演劇の古臭いイメージを払拭したくて。演歌ばっかりじゃなくて、流行のものはどんどん取り入れてます。」
亀「あと他に、ファイナルファンタジーの主人公みたいな、8頭身、9頭身のキャラクターみたいなのとか。あと宝塚っぽいのがあったよね、羽根をつけて出てきて」
美「宝塚っぽいショーは、前からやってるんです」


亀「役者をやめたいと思ったことはある?」
美「あります、あります」
亀「あるんだ、どんな時に?」
美「親子喧嘩したときに(笑)」
亀「なんだそれ(笑)そこに何か深い哲学は無かったわけ?」
美「いや、なんかちょっと困らせてやろうと思って。でも役者をやめたいと思ったんじゃなくて、よその劇団に行って役者をやろうかと思って」
亀「役者をやってなかったとしたら、どんな職業をやってみたい?」
美「想像もできない…考えられないですね。舞台の役者をやめたとしても、俳優とか、何か演技する仕事をしたいです。もし歌舞伎をやめるとしたら、なにをしますか?」
亀「うーん、その時々で変わるんだけど…。お坊さんになってもいいかなと思ったことがある。なんか、俗世間との縁を一切断ってみたいと時々思うんだよね」
美「えーお坊さん」
亀「ぼくは、歌舞伎を嫌いになったらすぐ役者を辞めるって、よく言っている。無責任だって言われるけど、好きじゃないのに続けていく方がよっぽどおかしい。下手すると舞台のことを考えている時間の方が長いわけだから、好きじゃないととてもできない」
美「確かに、好きじゃないと出来ないですね。嫌いだったら顔を作れないです」


後半は、亀治郎さんの真面目なお話が多かったので覚えてません~
(美麗さんは、ちゃんと付いて行ってたのかな?)
もう一度聴いてからご報告します。

ちゃんとトークが盛り上がっていて、とてもいい雰囲気。
もともと、トーク上手な亀治郎さんと、話し好きな美麗さんのことだから、全く心配してなかったけどね。
しかし亀ちゃんの口からファイナルファンタジーって言葉が聞けるとは思わなかった(笑)どんな格好だったんだろ。どんなキャラクターを想像したんだろ。
鈴蘭の開演を遅らせたって、どれくらい遅くしたんだろう?8時終演で駆けつけて間に合う時間て、相当遅い時間だと思うんだけど。そんで、そのときにどんなお芝居をやったんだろう。どんなショーをしたんだろう。すごく気になるー。
それにしても、この二人の出会いって、奇跡的な確率だったんだなぁと、改めて思いました。
だって亀治郎さんは6年ぶりに名古屋に乗ったっていうし、美麗さんたちも、鈴蘭に乗るのは1年に1回くらいだし。
同じ月に同じ名古屋にいなかったら出会わなかったし、御園座の役者さんたちが「鈴蘭南座に行ってみよう」って思わなかったら出会わなかったし、そこで美麗さんたちがやった舞台が亀治郎さんの心を揺さぶるものではなかったらここまでの付き合いには絶対に発展しなかっただろうし。
ホント、うまいことできてる。何か不思議な力で引き合わされた、運命的な出会いなのかも。

では、続きはまた。

拍手[28回]

PR
コメント
詳しく書いていただいて感謝、感謝♪
すっかり意気投合してて、ホントに運命的な出会いですねぇ。美麗くんの芝居にもっともっと磨きがかかりそうで楽しみだ〜!
あっ…続きも待ってます(笑)
ぴか URL 2010年07月13日(火)19:17:18 編集
ありがとうございます。
嬉しいです、嬉しいです、こんなに早くアップしてくださって。
ほんとによくぞ出会ってくださった!って言いたいです。
あの5月の名古屋だったとは!
それより前からのお知り合いだとばかり、思っていました。
だって、お互いの舞台にのってしまった(?)んですよ(笑)
よほどの衝撃だったんでしょうね、同じ役者として。

後半も楽しみです。
moto 2010年07月14日(水)14:16:43 編集
>ぴかさん
美麗さん、きっと影響を受けて今後のお芝居が変わりそうですよねぇ。
早く、美麗さんの舞台を観たくてしかたありません!9月までまてなーい

>motoさん
そうですよ!あの5月の間の出来事ですよ!
大ちゃんブログで、5月に知り合ったのかなと思ってはいたのですが、私はてっきり仲立ちをした人がいたんだろうと思ったんです。そうではなく、本当に偶然が重なって、出会ってしまったんだと知って吃驚&歓喜でした。
本当に、お互い強い刺激を受け合ったのだろうと思います。

後半もお待ちくださいー
波華@管理人 2010年07月15日(木)15:32:10 編集
今更のコメントで、すいません!!!
詳細に再現して戴きまして、ありがとうございます!
ラジオは聴けなかったので、大変うれしく拝見しました。

明日は美麗さんのお誕生日ですが・・・亀ちゃんからのプレゼントも、きっと届くことでしょう♪
大変残念ながら TT 私は行けませんが、近々豊富座へは行く予定です。
また何か情報が得られましたら、アップしておきま~す!!!
恵美 URL 2010年08月02日(月)22:13:24 編集
>恵美さん
コメント、ありがとうございます!喜んでいただけて良かったです。
まだ後半をアップしていないので、近々書きますね。忘れてたわけじゃないんです…。

今日がお誕生日ですね。美麗さん。おめでとう!!
豊富座…ちょっと行くのは無理そうです(;_;)19日に浅草七人衆で東京に来てくれるので、そのときに観に行こうと思います。あとは9月に横浜なので、いっぱい通うと思います。
8月豊富座の様子、お待ちしていますー(^^)
波華@管理人 2010年08月03日(火)16:52:28 編集
>19日に浅草七人衆
東京の知人も、とても楽しみにしています ^^ 。
なので亀会はいつ来るのか?と・・・(笑)私は20日東京です(涙)
恵美 URL 2010年08月04日(水)21:59:37 編集
>恵美さん
ホント、いつ亀会を観に行くのか、私も気になってます。聞いちゃおうかなー。
20日に観にいらっしゃるんですね。私は19日の昼です!一日違い…
波華@管理人 2010年08月09日(月)20:38:59 編集

初めましての方はぜひ自己紹介を。
お名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック

記事内容に全く関連のないトラックバックは断り無く削除します。
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]