忍者ブログ
――ファンタズマゴリア――     走馬灯のように 次々と移ろいゆく 幻想の中で
プロフィール
管理人:波華
観劇好き。主に狂言、歌舞伎、日本舞踊、大衆演劇、落語などをよく観ます。大蔵流茂山千五郎家、尾上菊之助さん、中村勘九郎さん、尾上菊之丞さん、橘菊太郎劇団、劇団花吹雪、などがお気に入り。
現代演劇で最大のお気に入りは花組芝居。その他、大中小気になった劇団を観に行きます。
日本舞踊のお稽古をしています。
たまに着物や歌やゲーム(DQ,FF)の話題も。
連絡先 e_yassie@yahoo.co.jp
鑑賞予定
2016年
1/3 劇団花吹雪公演@浅草木馬館 昼
1/3 たつみ演劇BOX公演@三吉演芸場 夜
1/9 劇団花吹雪公演@浅草木馬館 夜
1/10 劇団花吹雪公演@浅草木馬館 夜
1/11 劇団花吹雪公演@浅草木馬館 夜
1/16 新春花形歌舞伎 昼の部
1/16 劇団花吹雪公演@浅草木馬館 夜
1/17 劇団花吹雪公演@浅草木馬館 夜
1/23 劇団花吹雪公演@浅草木馬館 夜
1/24 劇団花吹雪公演@浅草木馬館 夜
1/26 ぼろぼん忌「なるべく派手な服を着る」
1/27 カクシンハン「ジュリアス・シーザー」
1/30 劇団花吹雪公演@浅草木馬館 夜
過去の鑑賞記録
おススメの品
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
B000AO8CH4

Colours of Light -Yasunori Mitsuda Vocal Collection-
光田康典
B002EBDN20


最新コメント
2年ぶりのFFコンサート!⇒ AleksiiPex[08/05]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ 波華@管理人[03/14]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ moto[03/10]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ 波華@管理人[02/08]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ moto[02/06]
菊花の契り⇒ 波華@管理人[11/19]
菊花の契り⇒ くりみ[10/18]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 波華@管理人[07/04]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 蜂須賀承能[07/04]
劇団新感線「蒼の乱」⇒ 波華@管理人[04/25]
カテゴリー
アーカイブ
更新リスト
ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アクセス解析
Ad
全国大会レベルって
2004年11月04日(木) 22:58:19
昨日、TVで放送してた「笑ってコラえて」全国吹奏楽部の旅を見てました。
たしか先週の続きだと思います。

これ見て、高校生の演奏する吹奏楽に対するイメージががらりと変わりましたねぇ。
やっぱり全国レベルって凄い。

青森県山田高校の演奏した「ミス・サイゴン」と大阪府立淀川工業高校の演奏した「風の舞」を聞いて、吹奏楽でこんなに繊細でダイナミックでカッコいい曲も演奏するんだ!と初めて知ってびっくりしました。

吹奏楽といえば、○○行進曲みたいな曲しかイメージに無かったものですから…
でも、吹奏楽に馴染みのない人たちは、私と同じなのでは?

合唱もね、中学で歌う「大地讃頌」とか「ともしびを高く掲げて」しかイメージしていないと、かなり裏切られると思います。もっと表情豊かで複雑で面白い合唱曲がたくさんありますから。
合唱コンクールの全国大会には何度も行ったことがありますが、そこでは普門館で聴く吹奏楽のような、心を揺さぶる演奏が聴けます。
そう考えると、どの分野でも一般的なイメージと高いレベルでやってることってだいぶギャップがあるのかな、と思いました。

全国大会を目指して頑張る吹奏楽部員の頑張りって、ホントすごいなぁと思った。高校生だと毎日部活で練習するし、優れた指導者が毎日付いていてくれるし、みんな真面目に真剣に取り組んでいるから、大学よりもレベルが高かったりするんだよね(^^;
実際、合唱コンクールでは10年ほど前までは大学よりも高校のほうがよっぽどレベルが高かったみたいです。大学がレベル低かったというべきか。今ではだいぶ大学のレベルも上がってきたみたいですけれど。

吹奏楽と合唱で違うなーと思ったのは、まず練習量ですね。
歌ってどんなに良い発声を保っていても歌い続けると体や喉が疲れてきて、良いコンディションで歌えなくなっちゃう。楽器の演奏よりよほど疲れが曲に表れやすいから、長時間の練習は無理なんですよね。
本番当日に朝6時に集まってずーっと練習し続けるなんて、無理!
あと、全国大会の人気の高さ。いい席を取るために400mの行列が出来るなんて、合唱コンクールじゃありえないから!
同じ朝日新聞社主宰のコンクールなのになぁ。
あと、合唱コンクールの全国大会は毎年各地を回るので、「目指せ普門館!」みたいにはなりません。

見ていたら、大学時代を思い出しました。いろいろと。懐かしいね。
そして、合唱コンクールで全国大会を目指すのは本当に大変なことだ…と痛感しました(--;

拍手[0回]

PR
コメント

初めましての方はぜひ自己紹介を。
お名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック

記事内容に全く関連のないトラックバックは断り無く削除します。
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]