忍者ブログ
――ファンタズマゴリア――     走馬灯のように 次々と移ろいゆく 幻想の中で
プロフィール
管理人:波華
観劇好き。主に狂言、歌舞伎、日本舞踊、大衆演劇、落語などをよく観ます。大蔵流茂山千五郎家、尾上菊之助さん、中村勘九郎さん、尾上菊之丞さん、橘菊太郎劇団、劇団花吹雪、などがお気に入り。
現代演劇で最大のお気に入りは花組芝居。その他、大中小気になった劇団を観に行きます。
日本舞踊のお稽古をしています。
たまに着物や歌やゲーム(DQ,FF)の話題も。
連絡先 e_yassie@yahoo.co.jp
鑑賞予定
おススメの品
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
B000AO8CH4

Colours of Light -Yasunori Mitsuda Vocal Collection-
光田康典
B002EBDN20


最新コメント
2年ぶりのFFコンサート!⇒ AleksiiPex[08/05]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ 波華@管理人[03/14]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ moto[03/10]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ 波華@管理人[02/08]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ moto[02/06]
菊花の契り⇒ 波華@管理人[11/19]
菊花の契り⇒ くりみ[10/18]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 波華@管理人[07/04]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 蜂須賀承能[07/04]
劇団新感線「蒼の乱」⇒ 波華@管理人[04/25]
カテゴリー
アーカイブ
更新リスト
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセス解析
Ad
オペラと文楽
2005年10月26日(水) 19:21:13
つい先日知ったのですが、義大夫の豊竹咲甫大夫さんが去年結婚されていたそうですね。
全然知りませんでした…。
文楽を全然観ない私ですが、明治座の「伝統芸能の若き獅子」やアートスフィアの「傳-未来へ-」の公演で茂山さんや青楓さんや広忠さんと共演していたので、その繋がりで私にとっては最も親しみを感じる文楽の人です。というかその他の文楽の人はホントに知りません…。

咲甫大夫さんのお相手の方はオペラ歌手の増田いずみさんだそうです。
オペラ歌手、と聞いたとき、あれっ?と思いました。
調べてみたらその予感は当たりでした。

咲甫大夫さんと増田いずみさんって、過去にNHKの番組に出演していたんですよね。
04年2月に放送された、BS2「公園通りであいましょう」です。
増田さんと咲甫大夫さんがそれぞれ自分の分野の歌と義太夫を披露した後、増田さんが義太夫に挑戦し、咲甫大夫さんがオペラのカルメンに挑戦して共演するという面白い番組でした。
私は咲甫大夫さん目当てで観ていましたが、紋付裃で直立で『カルメン』の「トレアドール」を歌っている姿にはびっくりしましたね。けっこう衝撃でした。でも流石に声はとっても良くて見事なバリトンだなーと思いました。ちょっとリズムの取り方が変だったけど(笑)邦楽で慣れてると付点のリズムが出来ないのかしら、なんて。

もしかしたら、お二人はこの番組がきっかけで知り合ったのだろうか?
番組内では、初めて会った風だったっけ、前から知り合いっぽかったっけ。覚えてないなー。

何か見つからないかと思って久しぶりに咲甫大夫さんの公式サイトに行ってみましたが見つけられず…。というかベースボールってなんですか?文楽浄瑠璃アクターズっていうクラブチームを作っちゃったんですか。スゴイなぁ。

友人にもこの話をしたら、咲甫大夫さんが連載していた雑誌「すばる」の記事を教えてくれました。番組を通しての増田いずみさんとの出会いについて書かれています。
これを読む限り、やっぱり番組をきっかけに知り合ったっぽいなぁ。
それより、咲甫大夫さんが「楽譜に浄瑠璃の“朱”を入れていた」ってところ、笑っちゃった!朱が入った五線譜、どんなの?!見てみたいよ!

04年の頭に知り合ってその年の末にご結婚って、ずいぶん早いですねぇ。
それだけ運命的な出逢いだったのかしら。
増田さんの方がいくつか年が上だそうで、それもあるのかも。

そうそう、増田いずみさんの公式サイトにも結婚のご報告が載せられているのですが、「message」から見られる日記ブログにもちょっとだけ咲甫大夫さんのことも書かれてました。
8月8日の日記、失礼ながらすごい笑ってしまいました(笑)

オペラ歌手と義太夫って、異色なようだけどどちらも声を使う芸術だから意外と共通点は多そうな気がするんですよね。お二人が結婚に至るまでに様々苦難があったんじゃ無いかと思われてるところもあるんですが、私はそうは思わない。むしろお互いにとっていい影響を与え合える、いろいろと勉強になる好もしい関係だからとても喜ばれたんじゃないかなぁと思ってるんですが。

お二人の今後の活躍が楽しみです。

拍手[1回]

PR
コメント
トラックバックさせていただきました。
文楽浄瑠璃アクターズ・4番SAWACHANファンの亜時です(笑)
「傳」を観に行かなければ、文楽を見る事はなかっただろうなぁーと思う今日この頃。広忠さんには感謝です!でもって、豊竹咲甫大夫さんのおかげで文楽と巡り会ったというのに、三味線に走っています(笑)あっ、SAWACHANさんも傳にも出演していましたから!
でも、「傳」は面白かったですよねー。青楓さんにも出会えましたし、広忠さんのキャラも分かったし(笑)そろそろ年末ですよぉー!ってやらないですよねぇ。今年はさすがに諦めムードです。
咲甫大夫さん、遅ればせながらおめでとうございます!です。
亜時 URL 2005年10月27日(木)21:35:49 編集
トラバありがとうございます!
すみませーん、傳のSAWACHANは覚えていません~m(_ _)m
今度チェックしときますね。

私も、「伝統芸能の若き獅子たち」のことを知らなければ広忠さんも青楓さんも咲甫大夫さんも知らなかったので、日本舞踊や文楽の世界を知ることは無かったと思います。
やっぱり伝統芸能の異分野の交流って大事ですよね!
青楓さんたちの共演公演、また近々やって欲しいですよねぇ。期待大。
でも青楓さんの舞踊会は来月観に行きますよ♪
波華@管理人 2005年10月30日(日)00:37:32 編集

初めましての方はぜひ自己紹介を。
お名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック

記事内容に全く関連のないトラックバックは断り無く削除します。
この記事にトラックバックする:
文楽・古典をつなぐ 若手紹介
YOMIURI ONLINEの「文楽への招待」というページに「古典をつなぐ 若手紹介」というコーナー(?)がありまして、とうとう鶴澤清志郎さんが登場しましたぁー!!!やったぁー!待ってましたぁー!でへっ♪♪♪お稽古熱心な方なのですねぇ。私とは大違い・・・って私は
URL 2005年10月27日(木)21:33:55
忍者ブログ [PR]