忍者ブログ
――ファンタズマゴリア――     走馬灯のように 次々と移ろいゆく 幻想の中で
プロフィール
管理人:波華
観劇好き。主に狂言、歌舞伎、日本舞踊、大衆演劇、落語などをよく観ます。大蔵流茂山千五郎家、尾上菊之助さん、中村勘九郎さん、尾上菊之丞さん、橘菊太郎劇団、劇団花吹雪、などがお気に入り。
現代演劇で最大のお気に入りは花組芝居。その他、大中小気になった劇団を観に行きます。
日本舞踊のお稽古をしています。
たまに着物や歌やゲーム(DQ,FF)の話題も。
連絡先 e_yassie@yahoo.co.jp
鑑賞予定
おススメの品
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
B000AO8CH4

Colours of Light -Yasunori Mitsuda Vocal Collection-
光田康典
B002EBDN20


最新コメント
2年ぶりのFFコンサート!⇒ AleksiiPex[08/05]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ 波華@管理人[03/14]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ moto[03/10]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ 波華@管理人[02/08]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ moto[02/06]
菊花の契り⇒ 波華@管理人[11/19]
菊花の契り⇒ くりみ[10/18]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 波華@管理人[07/04]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 蜂須賀承能[07/04]
劇団新感線「蒼の乱」⇒ 波華@管理人[04/25]
カテゴリー
アーカイブ
更新リスト
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセス解析
Ad
「てのひらのこびと」 千秋楽
2004年05月27日(木) 22:02:17
逸平さんの舞台、見てきました。

会場に入ってびっくり。舞台がすごく小さかったです。
旅館の一室がそのまま舞台になっていて、大きさは4畳半ほど。正面から見て斜めに部屋が配置されており、奥の一面が襖の入り口、一面が押入れ、もう二面が客席向きに空いている、という舞台です。
こんな小さな空間で暴れるのか?大丈夫なんだろうか…

流石に楽日とあって、いろんな有名な人が来ていたようです。
なんとなく観たことのある顔だけど、名前がわからない人も多かったけど…
すぐに分かったのは、白井晃さん!(こんなページしか見つからなかった)
舞台「オケピ!」やドラマ「HR」に出演されてた方ですよ。
私の斜め後ろに座っておられたので、びっくりしました。

あと、落語家の立川志の輔さん。私と同じ富山出身の方。久しぶりに観た志の輔さんは、ずいぶん年を取っちゃってたなぁ~。
それも無理はない。だって、私が知っている志の輔さんは、私がまだ富山にいた頃のことだから、かれこれ9年ほど前。
そりゃ年取るわけだ。

また、紀世江さん絹ぬさん明子さんの奥様方もいらっしゃっていました。明子さん、髪を切って明るい色に染めてたの!驚いた。しかし、相変らず綺麗な方だよ。

さて、舞台のほうは。
逸平の高校生役なんだけど、見た目は高校生に無理があるけど、態度がまるっきり子供なので、そういう意味では高校生っぽいです。
なんていうか、高一の設定と高三の設定ではだいぶ演じ方が違うと思うけどね。
とにかく、子供っぽい。拗ねて怒ったりするところが。

前半の「有紀」(裕木奈江)と「三平」(逸平)のやり取りですが、禁断の愛に陥って逃げてきた割には、あんまり深刻な雰囲気がないんです。まるでピクニック気分。
「今後、どんな障害があっても、二人で乗り越えていこう」
みたいな、ある意味甘々な雰囲気がまったくないです。
そういう、まるでスリルを楽しんでいるように見える「有紀」を「三平」は指摘して責めたりするんですけどね。
純粋に私が不思議に思ったのは、なぜわざわざ、恋愛している二人が、お互いに「この恋愛をどのように考えているか」というような意見を求めたりするのか?ということ。
相手がどのように自分を好きになったのか、そのきっかけをわざわざ分析したいものなんですかね?
あと、「有紀」は「三平」が拗ねると、「わたしが○○したから怒ってるんでしょ」とか勝手に解釈して、勝手に理由付けをしようするのだけれど、勝手に突っ走りすぎだよそれは。と思いました。

(舞台の感想というより、自分の恋愛感との違いについてだな、こりゃ)

舞台後半で、「石田先生」(檀臣幸)が出てきます。なかなかおいしい役で、シリアスに喋っているのに、言っている内容ややっている事が面白い。しかし、それ以上に、この人の演技はとても自然。3人の中で一番自然でした。他二人の台詞量が少なかったこともあるのですが、「石田先生」が喋ることで、舞台全体の空気を支配していました。
逸平なんて、正座して隅っこでしおらしくしていて、時々「へっ?」などと情けない声を発するだけでしたから(笑)こうして見ると、ますます子供。
「石田先生」は何でも畳むのが好きらしく、旅館部屋に入ってくるなり自分の靴下を脱いで畳み、ネクタイを解いて畳み、二人が寝ていた布団まで畳み始め、しまいに「有紀」の下着(さっきまで逸平がかぶってた)まで畳み始めるから、もう可笑しくて!
なんなのこの人!面白い~。

あっでも、私が一番面白かったシーンは、「有紀」に、お腹に子供がいると告白されたシーン。
「三平」は、極上の情けない顔できょとんとし、「えぇぇぇぇぇ~」と思い切り後ずさり(爆笑)
あっはっは。なんだこの取り乱しようは。
世の男性は、恋人に妊娠を告白されると、みんなこんな風に取り乱すのかな、なんて皮肉っぽく考えてみた。
大体が、やることやらずにやることやってりゃデキるだろ。そんなに驚くことか?
一応エロネタなので。反転して読んでください。

(有紀)「三平が、ゴムなしでやらせてくれって言うから!」
(三平)「だって、強く拒否しなかっただろ!」
こんな感じの台詞でした。
こ、こいつら…


最後、有紀は学校に帰ろうとするんですよ。三平を残して。
部屋に残された三平は、キレて浴衣を脱ぎ捨て、布団を蹴り上げ襖を破き。とにかく暴れまくる。
テレビで観た印象より、暴れ方がおとなしく見えました。期待しすぎたか?
パンツ一枚の逸平。肌が白いよ~(><)横から見るとお腹たぷたぷらしいんですが、私はわかりませんでした…。
その格好のまま、最後に天井から雨が降ってくるので、逸平は冷たかっただろうなぁと思います。
カーテンコールのとき、めっちゃ寒そうにしていました。

結局、話の展開はというと、よくわからず。結末はハッピーエンドじゃないと思うんですが、非現実的な演出のシーンで終わってしまったので、よけいに良く分からなかったです。
言えるのは、私はこういう恋愛はしないな、ということかな。
そういう類の舞台なのかもしれませんね。観る人に、人間の根源とは何かを問いかける舞台だそうです。観た人が何かしら自分を振り返って考えたことがあれば、それが成果なのかな、と。

とりとめもないですが、今日の感想はこんな感じ。
さて、明日は千五郎狂言会です~♪

拍手[0回]

PR
コメント
あれ~?アモーレジュテームじゃなかったんですね。期待していた内容と違ってショックです・・・(笑)。あのあらすじに騙された!

こんなコメントしか出来ず、申し訳ありません(汗)
URL 2004年05月28日(金)22:27:46 編集
お久しぶりです。覚えていらっしゃいます??
ご無沙汰しててイキナリですが、白井晃さんにめっちゃ
反応してしまいました。私観たんです「オケピ」。最前列の
ど真中で。なんか癖があるけど大好きな役者さんなんです。
いいなぁ、すぐ近くにいらっしゃったんですね。私がその場にいたらきっと髪の毛の一本もねだっていたでしょう。

>涼さん
私も密かに期待してました、アモーレジュテーム・・・
それから、そろそろ涼さん宅にも伺えそうです。
あとウン頁。
2004年05月28日(金)23:00:10 編集
>涼さん
確かに、甘々デレデレいちゃいちゃではなかったですよ。
期待と違ってショックでしたか…。
要するに、所詮は子供のやることってことでしょうか。
私の受けた印象では、裕木さんがあまり大人の女性の雰囲気のようには見えなかったからかなぁ?
でも、他の人は裕木さんのことを私のようには思わなかったみたいです。

>鈴さん
お久しぶりです!こんにちは。
あら、白井さんのファンですか。「オケピ」観に行かれたんですね~。
確かに、味があってよい役者さんですよね。
終演後に席の周りを探してみればよかった(笑)
波華@管理人 2004年06月01日(火)13:41:28 編集

初めましての方はぜひ自己紹介を。
お名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック

記事内容に全く関連のないトラックバックは断り無く削除します。
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]