忍者ブログ
――ファンタズマゴリア――     走馬灯のように 次々と移ろいゆく 幻想の中で
プロフィール
管理人:波華
観劇好き。主に狂言、歌舞伎、日本舞踊、大衆演劇、落語などをよく観ます。大蔵流茂山千五郎家、尾上菊之助さん、中村勘九郎さん、尾上菊之丞さん、橘菊太郎劇団、劇団花吹雪、などがお気に入り。
現代演劇で最大のお気に入りは花組芝居。その他、大中小気になった劇団を観に行きます。
日本舞踊のお稽古をしています。
たまに着物や歌やゲーム(DQ,FF)の話題も。
連絡先 e_yassie@yahoo.co.jp
鑑賞予定
おススメの品
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
B000AO8CH4

Colours of Light -Yasunori Mitsuda Vocal Collection-
光田康典
B002EBDN20


最新コメント
2年ぶりのFFコンサート!⇒ AleksiiPex[08/05]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ 波華@管理人[03/14]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ moto[03/10]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ 波華@管理人[02/08]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ moto[02/06]
菊花の契り⇒ 波華@管理人[11/19]
菊花の契り⇒ くりみ[10/18]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 波華@管理人[07/04]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 蜂須賀承能[07/04]
劇団新感線「蒼の乱」⇒ 波華@管理人[04/25]
カテゴリー
アーカイブ
更新リスト
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセス解析
Ad
團菊祭五月大歌舞伎 昼の部
2008年05月09日(金) 23:56:03
5/6(火祝) 3階A席下手寄り

GWだからか、幕観席に長い長い列ができていました。
ご苦労様なことです…

一、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
  渡海屋
  大物浦
   渡海屋銀平実は新中納言知盛  海老蔵
             源義経  友右衛門
           武蔵坊弁慶  團 蔵
            典侍の局  魁 春


吉野山や四の切は何度か見ていますが、今回のは初めて。
通しだとどういう順番なのかサッパリ分かりません(^^;
時代物はやっぱりちょっと苦手なので途中かなり眠かったのですが…
海老蔵さん、見得でものすごく目を見開いていましたねぇ。近くで見た友人の話によるとかなり充血していたとか…。目の血管がかなりプチーンと行ってたに違いありませんね(笑)
このお話、知盛は死んだと見せかけて、幽霊に化けたつもりで戦に赴くんですね。上から下まで真っ白な戦支度が面白いです。「大物浦」ではその戦支度が血に染まりボロボロに敗れて痛々しい姿。
最後の、大きな碇を担いで海に身を投げる場面はよくテレビで見る有名な場面。海老蔵さん熱演でした。

ところで、渡海屋の場で、銀平に追い返された相模五郎と入江丹蔵が言い捨てる負け惜しみが「魚づくし」なんですが…
なんだか狂言「魚説教」みたいで楽しかったです~。私の中には千作じいさまが浮かんでましたぁ。


二、六歌仙容彩
  喜撰(きせん)
            喜撰法師  三津五郎
              所化  秀 調
           祗園のお梶  時 蔵

三津五郎さんの踊りはいいですねぇ。見ていて気持ちいいです。大きな踊りではないと思うんだけれど、きっちりと丁寧にまとめられた舞踊という感じがします。三津五郎さんの足拍子が好きだったりします。マニアック?(笑)だって体が全くぶれないのに、心地よくトーンと大きな拍子が鳴るんだもの。
お梶を踊った時蔵さんも、とても可愛らしい。身振りが軽やかで愛嬌があっていいですねぇ。裾引きの着物が動く様まで軽やかで可愛らしい。
心安らぐひと時を味わえました。
それにしても、茶汲み女を口説くなんて、なんて色坊主なんだろ。


三、極付 幡随長兵衛(ばんずいちょうべえ)
  「公平法問諍」
          幡随院長兵衛  團十郎
         水野十郎左衛門  菊五郎
           出尻清兵衛  三津五郎
         長兵衛女房お時  藤十郎


団十郎さん、なんかカッコイイ…!
失礼ながら、団十郎さんをこんなにカッコイイと思ったのは初めてだわ。
血気盛んな子分たちをなだめて、単身で侍の屋敷に出向いて、最後まで男らしい振る舞いを通すんですね。
なんだか、大衆演劇の芝居に通じるものが…。
幡随院長兵衛って、いわばヤクザの親分みたいなモンですよね。侍たちの卑怯な手に屈せずに真っ向から立ち向かっていくなんて、ホント大衆演劇の芝居っぽい。
カッコよかったなぁ。

水野十郎左衛門の家の者たち、幡随院長兵衛の男っぷりを散々褒めておきながら、藤見の宴に招待して風呂場で浴衣一枚のところを襲撃するなんて、卑怯すぎないか?言ってることとやってることが違うだろー

冒頭の劇中劇も面白かったです。途中で邪魔が入って「どこまでやったか忘れちゃったよ」だって(笑)

最後の風呂場での立ち回り、いつもの立ち廻りと全然違う雰囲気でした。
柔術を使った立ち廻りなんだそうですが、それ以外にも、下座音楽が殆ど無くて静かな雰囲気の中での立ち廻りで、さらに唄+手拍子みたいな音楽が鳴ってびっくり。本当に手を叩いているような拍子がなったんだもの。あれは一体なんだったんだろう?
黒御簾の中を観てみたかったな…

拍手[0回]

PR
コメント
こんばんは~!

足拍子・・私もスキかも~♪
(って、見てないですけどね^^;)
ああぁ・・時蔵さんも居たのね~・・

平日休みなら迷わず観に行くのだけれど・・
2ヵ月間、遊びすぎました・・
平日、2時間ほどぬけて幕見行こうかしら。。

新橋演舞場といい、歌舞伎座といい。
う~ん・・悩みます。
(安くチケが手に入れば、新橋行ってきます♪)

近いうちに話聞かせてくださいね~!
では☆
31kammy URL 2008年05月10日(土)01:28:47 編集
>31kammyさん
足拍子いいですよね♪
そう、時蔵さんもいたんですよ~
この間一緒に見た時以来、私も時蔵さんファンになりました(^o^)
幕観に行けたらぜひ行ってみてね。
3階席だったら安いし、これからはあらかじめ予定を立てて観に行きましょうね~
7月以降も面白そうな演目が目白押しですから!
波華@管理人 2008年05月11日(日)01:02:23 編集

初めましての方はぜひ自己紹介を。
お名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック

記事内容に全く関連のないトラックバックは断り無く削除します。
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]