忍者ブログ
――ファンタズマゴリア――     走馬灯のように 次々と移ろいゆく 幻想の中で
プロフィール
管理人:波華
観劇好き。主に狂言、歌舞伎、日本舞踊、大衆演劇、落語などをよく観ます。大蔵流茂山千五郎家、尾上菊之助さん、中村勘九郎さん、尾上菊之丞さん、橘菊太郎劇団、劇団花吹雪、などがお気に入り。
現代演劇で最大のお気に入りは花組芝居。その他、大中小気になった劇団を観に行きます。
日本舞踊のお稽古をしています。
たまに着物や歌やゲーム(DQ,FF)の話題も。
連絡先 e_yassie@yahoo.co.jp
鑑賞予定
おススメの品
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
B000AO8CH4

Colours of Light -Yasunori Mitsuda Vocal Collection-
光田康典
B002EBDN20


最新コメント
2年ぶりのFFコンサート!⇒ AleksiiPex[08/05]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ 波華@管理人[03/14]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ moto[03/10]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ 波華@管理人[02/08]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ moto[02/06]
菊花の契り⇒ 波華@管理人[11/19]
菊花の契り⇒ くりみ[10/18]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 波華@管理人[07/04]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 蜂須賀承能[07/04]
劇団新感線「蒼の乱」⇒ 波華@管理人[04/25]
カテゴリー
アーカイブ
更新リスト
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
Ad
團菊祭五月大歌舞伎 夜の部
2006年05月09日(火) 20:19:46
興行情報
6日の夜の部を見てきました。
ご一緒したみなさま、お疲れ様でした。楽しゅうございました。またぜひ一緒に観ましょう!

「傾城反魂香」
又平の純朴さとおとくの甲斐甲斐しさがほのぼのと暖かいお芝居。
少しコミカルさもある三津五郎さんの演技が楽しかったです。
だけど、こういう堅い義太夫狂言は、私はちょっと苦手です。
意志を貫いて絵が浮き上がるのは、どういう仕組みなんでしょう。溝が彫ってあって墨汁を染み込ませている?気になります。


「保名」
スタイルもよく、凛々しく、カッコよかったです。
だけど、なかなか掴みにくい演目だよ、これは。恋狂いの雰囲気はあまり感じられなかったです。
素敵でしたが、やっぱ菊之助さんは女形で観たいと思います。


「藤娘」
意外と、可愛かった。前に比べてずいぶん痩せていました。顔が細くて、最初は時蔵さんに似て観えました。
体格は確かに大きいのが目立つのですが、私はあんまり気にならなかったんですよね。問題はやっぱり所作。女らしさを表すのは決して見た目では無いです。海老蔵さんの場合、振りを柔らかく動かすよう努めていても、それはただゆるいだけにしか見えないの。キレがないんだよなぁ。だから可憐さが足りん。
あと、時々(たくさん?)男に戻る瞬間が。酒に酔った後が特にものすごく暴れて見えて、酒乱か!?と思うくらいでした(苦笑)
実は、今お稽古で藤娘を習っているんですけど、振りは結構違っていました。中盤のクドキって、普通は手拭を使うんじゃないの?海老蔵さんは最初に被っていた黒塗の笠を手にクドキを踊っていました。成田屋の型なのかしら。かなり不思議でした。


「黒手組曲輪達引」
やってくれたよ菊の親父さん。この人は本当にスゴイ。
第一幕は不忍池のほとり。池を作り物の鴨が横切る。一羽の頭に何か付いてる。まさか矢ガモ?なんで?しかも今更?これは伏線に過ぎませんでした。
権九郎の菊五郎さんと新造白玉の菊ちゃんのカップル登場。菊五郎さん変な顔(笑)菊ちゃんは綺麗だし背が高いので、アンバランスな二人。
それにしても、菊ちゃんてば、最近どんどんいい女になってるよなぁ。たまらん。
伝次の海老蔵が現れて、権九郎から金を奪って池に落とす。やっぱりいい男だ。立役やってるほうがやっぱりいいって。菊ちゃんとの美男美女の取り合わせも最高。悪い男に引っかかってちょっと悪事に手を染めつつある女ってのもいいね、菊ちゃん。
誰もいなくなった不忍池に、歌舞伎らしからぬ不気味な音楽。もうこの瞬間にすでに可笑しくてたまらない(笑)2001年宇宙の旅?舞台に銀河系っぽい映像が映し出された後に、不忍池から矢ガモの着ぐるみを着た菊親父の登場。なんだこの光景(笑)
何で矢ガモなんだろう~?単に不忍池だから?過去に上演した時にはどうしてたんだろう。気になるな!
こういう面白い菊五郎さんを見ると、菊ちゃんもいずれあんな風になるの?というか、できるの?といろんな意味で不安に。むぅー。観たいような観たくないような。
引っ込みの音楽はなぜか「恋のダウンロード」。黒御簾から長唄さんだか清元さんだかの生演奏で。素晴らしい~面白すぎ~!
第二幕では、菊五郎さんは助六に。これがさっきと同じお芝居なのか?全然雰囲気が違うし、第一幕のあの演出は脈絡が無さすぎだし、意味がわかんない。
面白かったからいいんだけどね。私は大好き。
大詰第一場で雀右衛門さんの揚巻。プロンプつきだった。それより私は隣の新造白玉の菊ちゃんに目が釘付け。ホントいい女だよなぁ。お姫様とか遊女とか、かわいい女をやることが多いけれど、一度悪女な菊ちゃんも観てみたいと思った。
大詰の大立回りがカッコよかった。これが菊五郎劇団なんだなぁとしみじみ感動。若い衆が大勢いて、屋根の上で暴れまわるのがスカッっとして気持ちいい。気分いいなぁ。
ただ、やっぱり助六と鳥居新左衛門は勝負もせずに幕切れになるのが不思議でたまらない。なんで歌舞伎って決着つけずに終わるんだろうね。


昼の部も面白いとの評判なので、楽しみです。

拍手[0回]

PR
コメント
先日はどうもありがとうございました!!
普段、一人で歌舞伎座へ行く事がほとんどなので・・
とても楽しかったです!

観劇後にワイワイできるのっていいですね~。

やはり踊りを習ってらっしゃる方の視点で捉えたコメントは
「いろいろな角度で見ているんだなぁ」と勉強になります!

>酒乱か!?

このフレーズに思わず噴出しそうになりました!
ふむふむ・・夜の部はもう1回見に行くので
その時は・・酒乱が直っているといいのですが・・。

私も菊之助さんは、女形の方が好きです♪
お父様のようになってもらいたいような・・そうでないような・・?複雑です。個人的には菊之助さんの『合邦』が見たいです。

是非、またお供させてくださいまし。
若菜 URL 2006年05月10日(水)11:40:12 編集
若菜さん
こちらこそありがとうございました!私も一人で観に行く事が多いので、公演後にあれこれお喋りできるのは本当に楽しかったです。
是非是非、また一緒に行きましょうね。

踊りを習っている者ならではの視点、なのかどうかは自覚が無いですが(^^;踊りはついついチェックしちゃいますねぇ。
海老さまの踊り、私の友達は「藤男」なんて失礼な事言っちゃったりしてます(笑)でも実際に酒乱に見えたんですよねぇ、私には。後半には直ってるといいですね。
ご報告お待ちしています♪
波華@管理人 2006年05月14日(日)00:25:25 編集

初めましての方はぜひ自己紹介を。
お名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック

記事内容に全く関連のないトラックバックは断り無く削除します。
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]