忍者ブログ
――ファンタズマゴリア――     走馬灯のように 次々と移ろいゆく 幻想の中で
プロフィール
管理人:波華
観劇好き。主に狂言、歌舞伎、日本舞踊、大衆演劇、落語などをよく観ます。大蔵流茂山千五郎家、尾上菊之助さん、中村勘九郎さん、尾上菊之丞さん、橘菊太郎劇団、劇団花吹雪、などがお気に入り。
現代演劇で最大のお気に入りは花組芝居。その他、大中小気になった劇団を観に行きます。
日本舞踊のお稽古をしています。
たまに着物や歌やゲーム(DQ,FF)の話題も。
連絡先 e_yassie@yahoo.co.jp
鑑賞予定
おススメの品
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
B000AO8CH4

Colours of Light -Yasunori Mitsuda Vocal Collection-
光田康典
B002EBDN20


最新コメント
2年ぶりのFFコンサート!⇒ AleksiiPex[08/05]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ 波華@管理人[03/14]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ moto[03/10]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ 波華@管理人[02/08]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ moto[02/06]
菊花の契り⇒ 波華@管理人[11/19]
菊花の契り⇒ くりみ[10/18]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 波華@管理人[07/04]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 蜂須賀承能[07/04]
劇団新感線「蒼の乱」⇒ 波華@管理人[04/25]
カテゴリー
アーカイブ
更新リスト
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
Ad
JUNON、ニュース、などなど
2007年10月24日(水) 16:15:45
JUNON12月号を買ってきました。
表紙の太一くんの写真、珍しく微笑んでる!?
なんだか今までの号と、印象が違うように見えるなぁ。
これまでの写真は、こちらを見据えている(にらみつけてる?)写真が多かったけれど、急に穏やかに変わったな。何より、他のJUNONの顔ぶれに溶け込んでいる!浮いてない!違和感が無い!
何が変わったんだ…?芸能界慣れしてきたのだろうか…?

連載「飛翔伝説」は今回で最終回との事。
途中、何号か買わずに立ち読みで済ませてしまったけど、取り上げられるエピソードが興味深いものばかりだったので、いい企画だったと思います。
「普通の人間にちょっと近づいてきた」っていう言葉が、私がここ最近の太一くんの踊りに対して感じていた印象と全くぴったりんこ合っていたので、ビックリ。何のことかってーと、この連載を通して自分の生い立ちを振り返り、自分を見つめなおすことができたということらしい。それが踊りに表れていたのだとしたら、それはそれでスゴイと思う。

今号で取り上げられたエピソード、ずいぶんと駆け足に感じたのは、この時期にいろんな出来事があったからでしょうか。
戦国のファンタジー、TAKESHIS'、NHKドラマ、千年の祈り、立て続けのテレビ出演、国際フォーラム、ハワイ公演、テアトル公演。怒涛のようだ。
これからもきっと、怒涛の日々だ。

ところで、私が毎月買ってるテレビ雑誌「TVJapan」に太一くんが取り上げられていてびっくら。半ページだけですが。
しゃばけで鬘をつけたまま長時間待ってたのが辛かったとか(舞台では早替りが当たり前だから)、学校はまともに通ってなかったから学園ドラマの出演はピンと来ないとか。
好きなテレビ番組は「ぷっすま」だそう。私も好きなんだよ~。出演オファーが来たら嬉しいって言ってるけど、ぷっすまに出たらむちゃぶりで物真似とか一発芸とかさせられるよ…?それでもいいんですか…?いや、それはそれで観てみたいけど。無難に物件拝見とレジャーハンターか?あ、ビビリ王で観たい!これは面白そう!昨日の久しぶりのビビリ王は面白かった~!


検索していて見つけたニュース。
早乙女太一君:16歳の夢芝居 紅さす色香
"流し目王子"が渋谷で舞う! - 女形役者・早乙女太一の1stDVDが発売写真がいっぱい
e+ Theatrix!動画あり



やっぱり最近太一くんのことばっかり考えてしまっていて、しかも周りのニュースにも追い立てられて、なんか疲労困憊してきた。追いかけてる場合じゃない!って自分に言い聞かせて、付箋に書いて仕事PCに貼ってたこともあったな。ファン心理や憧れとは違う、別の感情。軽い嫉妬!?なぜ!?努力とセンスによって身につけられたあの表現力。悔しい。自分でもおこがましい事だと思う。一般人の立場で!なんと図々しい。しかし、心乱されてグッタリしているのも事実。逃げたいけど逃げられない。感じたことを発散するのって、そう簡単な事じゃない。でも、できることなら、今からでも身につけたい。私だっていろんなことをやってみたい。ただの趣味では終わらせたくない。さすがにこの年齢では少々焦りを感じる。残された時間は決して潤沢ではない。やりたいと思い立ったら、とにかく動いてみる!

拍手[0回]

PR
コメント
もしかしたら、波華さんとちょっとだけ似たことを感じたことがあるかもしれません。
神様から大きな大きなプレゼントを貰ってこの世に生まれてきた太一くん。そんな彼を観ていると、「格好いいけどずるい」「ずるいけど格好いい」という感情が湧いてくることがありました。太一くんが猛烈に努力していることも、その分持っていないものもあると頭でわかっているんですけど。
私の場合、今じゃすっかり「参りました~」と心の中で白旗振って観てますが、それでも何かの拍子にそんな気持ちが「ぴよっ」と顔を出したりします。。

波華さんは、何だか真っ向から戦ってる感じですね、格好いいです。

才能・環境云々の話でなくても、16歳の少年があんなに必死に歩み進めている姿を見ると、ちょっと身につまされます。
とらら 2007年10月25日(木)00:15:15 編集
>とらら様
なるほど、確かに似ているかもしれませんね。なんだか複雑な心境です。頑張っている人を見ると、なんだか居ても立ってもいられなくなるんですよねぇ…。仰るとおり、影ながら努力を積み重ねているからこそ出来ている事だと思うのですが。全然努力していない自分が悔しく思うのは本当に図々しいですな。
全く異性としては見ていなくて、一個の舞台人として見ているということにも最近気づきました。
なんか偉そうに言ってますが、戦っているというか…悪あがきというか(^^;口先だけかもしれませんので…(^^;;;ご容赦ください。
羨ましくなるのは、きっと楽しそうに見えるからですね。
波華@管理人 2007年10月26日(金)15:09:22 編集

初めましての方はぜひ自己紹介を。
お名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック

記事内容に全く関連のないトラックバックは断り無く削除します。
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]