忍者ブログ
――ファンタズマゴリア――     走馬灯のように 次々と移ろいゆく 幻想の中で
プロフィール
管理人:波華
観劇好き。主に狂言、歌舞伎、日本舞踊、大衆演劇、落語などをよく観ます。大蔵流茂山千五郎家、尾上菊之助さん、中村勘九郎さん、尾上菊之丞さん、橘菊太郎劇団、劇団花吹雪、などがお気に入り。
現代演劇で最大のお気に入りは花組芝居。その他、大中小気になった劇団を観に行きます。
日本舞踊のお稽古をしています。
たまに着物や歌やゲーム(DQ,FF)の話題も。
連絡先 e_yassie@yahoo.co.jp
鑑賞予定
おススメの品
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
B000AO8CH4

Colours of Light -Yasunori Mitsuda Vocal Collection-
光田康典
B002EBDN20


最新コメント
2年ぶりのFFコンサート!⇒ AleksiiPex[08/05]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ 波華@管理人[03/14]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ moto[03/10]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ 波華@管理人[02/08]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ moto[02/06]
菊花の契り⇒ 波華@管理人[11/19]
菊花の契り⇒ くりみ[10/18]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 波華@管理人[07/04]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 蜂須賀承能[07/04]
劇団新感線「蒼の乱」⇒ 波華@管理人[04/25]
カテゴリー
アーカイブ
更新リスト
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
Ad
表現するということ
2004年04月14日(水) 20:09:06
久しぶりに美容院に行って、カットして髪の色を明るくしてもらいました。
今まで前髪は伸ばして横に流していましたが、なんだか飽きたので前髪を作ってみました。
そしたら、鏡を見るたび髪型に柴咲コウっぽさが入ってるような気がしてならない…
以前は小雪のような髪型だったのに。
髪型だけね、髪型。

「柴咲コウっぽさ」を感じたのは、彼女が出演する新ドラマ「オレンジデイズ」の番宣を見たときでした。妻夫木聡が主演のドラマですね。
番宣で映った駅のホームが、私が通っていた大学の最寄駅だったのでかなりびっくりしました(笑)大岡山駅って言うんですが、ホームのオレンジ色を見てすぐわかりました。
…えっ、もしかして、「オレンジデイズ」だから、オレンジ色の大岡山駅を選んだの!?
そうなのかなぁ?なんだか気になってきた…

さて。
話は飛びます。

大学で歌を歌っているときから思っていたことなんですが。
歌を歌うということは、何かを表現するための手段の一つです。日本語にしろ英語にしろラテン語にしろ、歌詞があって、その内容を伝えるために歌い方を工夫するのですから、一種の「演技」と言えるかもしれません。
哀しい、嬉しいなどの感情を表現するのも、歌では良くやることですし、私も歌うときにはやっています。

感情を表現するための手段は、歌に限らず踊りや芝居なども挙げられますよね。
踊りで感情を表現するのは、私はまだやったことは無いのですが、「やれ」といわれれば特に抵抗無く挑戦できると思います。できるかどうかは別として…
これも、一つの演技ですよね。

でも、「台詞」で感情を表現するは、私はすごく抵抗を感じてしまいます。恥ずかしさが先に出てしまうのです。
とにかく、「台詞」を言うのがダメ。難しいか難しくないかではなく、どうすればよいかが全く分からないから、体が動かないような気がしています。

歌を歌うのは平気。
踊りをするのも平気。
でも、台詞を言うのは嫌。
なんでだろう…

歌もなし、踊りもなしだと自由度が高すぎるから、抵抗を感じるのかなぁ?
そんなことを最近、漠然と考えています。

拍手[0回]

PR
コメント

初めましての方はぜひ自己紹介を。
お名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック

記事内容に全く関連のないトラックバックは断り無く削除します。
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]