忍者ブログ
――ファンタズマゴリア――     走馬灯のように 次々と移ろいゆく 幻想の中で
プロフィール
管理人:波華
観劇好き。主に狂言、歌舞伎、日本舞踊、大衆演劇、落語などをよく観ます。大蔵流茂山千五郎家、尾上菊之助さん、中村勘九郎さん、尾上菊之丞さん、橘菊太郎劇団、劇団花吹雪、などがお気に入り。
現代演劇で最大のお気に入りは花組芝居。その他、大中小気になった劇団を観に行きます。
日本舞踊のお稽古をしています。
たまに着物や歌やゲーム(DQ,FF)の話題も。
連絡先 e_yassie@yahoo.co.jp
鑑賞予定
おススメの品
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
B000AO8CH4

Colours of Light -Yasunori Mitsuda Vocal Collection-
光田康典
B002EBDN20


最新コメント
2年ぶりのFFコンサート!⇒ AleksiiPex[08/05]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ 波華@管理人[03/14]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ moto[03/10]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ 波華@管理人[02/08]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ moto[02/06]
菊花の契り⇒ 波華@管理人[11/19]
菊花の契り⇒ くりみ[10/18]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 波華@管理人[07/04]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 蜂須賀承能[07/04]
劇団新感線「蒼の乱」⇒ 波華@管理人[04/25]
カテゴリー
アーカイブ
更新リスト
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析
Ad
野村万作舞台生活七十周年記念「大狂言会」
2004年06月16日(水) 15:13:45
昨日、yoiya2からダイレクトメールが届いていました。
今度、万作さんの舞台生活70年を記念して狂言会をやるんですね。
値段のところに、「桟敷席 24,000円」と書いてあったので、「なんだこれ!やけに高いな」と思ったら…
なんと場所が歌舞伎座


えぇ!歌舞伎座でやるの!?
そりゃ凄いな。あの会場でやるのかぁ。

でもそれにしても、チケット高いと思う。
通常の歌舞伎興行の場合、桟敷席で12,000円くらいだよ?
「4等席A 4,000円(4階)」って書いてあるけど、これは幕見席のことだよね。
あの舞台から遠く離れた席が4,000円か…。
これも高すぎる!

単発興行だと、やっぱり場所代が高いんでしょうか。
それにしても、別に時間も通常の狂言会と同じくらいの時間しかやらなそうなのに。番組的に。
歌舞伎だったら4時間くらい続けてやるから、それと比較してもやっぱりこのチケ代は高すぎるなぁ。

ちなみに、歌舞伎座の通常の興行は、初日が5日前後、楽日が25日前後(月によって違いあり)で、それ以外の空いた日は、歌舞伎以外の公演が行われたりするんですよ。
たしか、今月末には、能の「道成寺」と歌舞伎の「京鹿子娘道成寺」の両方を上演するという一日公演があったはず。うろ覚えです…

さて、「大狂言会」ですが、歌舞伎座でやるからと言って、演出も歌舞伎座らしくやったりすることはないよね?
例えば花道使ったりとか…やらないよね?
歌舞伎の「松羽目物」(能狂言を題材にした演目)は、そういえば花道を使っていなかったような気がするんですが、どうなんですか?詳しい方、教えてください~。
んーでも、雰囲気的に大向こうの掛け声が欲しくなってしまうかもしれない(笑)


野村万作舞台生活七十周年記念 「大狂言会」
・日時 2004年9月27日(月) 昼の部 13:30-  夜の部 18:30-
・会場 歌舞伎座(東銀座)
・価格 1階桟敷席 24,000円
    1等席   22,000円
    2等席   19,000円
    3等席A   10,000円
    3等席B   7,000円
    4等席A   4,000円
・番組 昼の部  「翁」「木六駄」「茸」
    夜の部  「翁」「棒縛」「茸」
・一般発売 6月29日(火)


昼の部に亀井さんが出るみたいです~
夜の部は、亀井忠雄さん(お父様)が出演されるようです。

拍手[0回]

PR
コメント

初めましての方はぜひ自己紹介を。
お名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック

記事内容に全く関連のないトラックバックは断り無く削除します。
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]