忍者ブログ
――ファンタズマゴリア――     走馬灯のように 次々と移ろいゆく 幻想の中で
プロフィール
管理人:波華
観劇好き。主に狂言、歌舞伎、日本舞踊、大衆演劇、落語などをよく観ます。大蔵流茂山千五郎家、尾上菊之助さん、中村勘九郎さん、尾上菊之丞さん、橘菊太郎劇団、劇団花吹雪、などがお気に入り。
現代演劇で最大のお気に入りは花組芝居。その他、大中小気になった劇団を観に行きます。
日本舞踊のお稽古をしています。
たまに着物や歌やゲーム(DQ,FF)の話題も。
連絡先 e_yassie@yahoo.co.jp
鑑賞予定
おススメの品
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
B000AO8CH4

Colours of Light -Yasunori Mitsuda Vocal Collection-
光田康典
B002EBDN20


最新コメント
2年ぶりのFFコンサート!⇒ AleksiiPex[08/05]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ 波華@管理人[03/14]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ moto[03/10]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ 波華@管理人[02/08]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ moto[02/06]
菊花の契り⇒ 波華@管理人[11/19]
菊花の契り⇒ くりみ[10/18]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 波華@管理人[07/04]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 蜂須賀承能[07/04]
劇団新感線「蒼の乱」⇒ 波華@管理人[04/25]
カテゴリー
アーカイブ
更新リスト
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析
Ad
狂言小劇場 ファイナル
2004年12月16日(木) 23:56:41
観に行ってきました~
「胸突」 借り手:宗彦 貸し手:千五郎
「呼声」 太郎冠者:逸平 主人:正邦 次郎冠者:童司
トークコーナー 宗彦
「釣狐」 狐:茂 猟師:正邦
     笛:一噌幸弘 小鼓:観世新九郎 大鼓:亀井広忠

大鼓に広忠さんが来たのはかなり不意打ち。
ラッキー

客席は、補助席がびっしり。前回まではこんなことはなかったのですが。
やはり最終回でありかつ「釣狐」をやるからでしょうか。

「胸突」のもっぴは面白かったです。サイコー。もっぴに似合っている役に見えました。「千五郎はひとごろしー!」とわざとらしく叫ぶ様が面白いの何の。
千之丞さんが以前おっしゃっていた、「狂言は室町時代の吉本新喜劇」という言葉を思い出して、この狂言をそっくりそのまま吉本がやっても全然違和感ないよなぁと思いながら見ていました。
借金取りの話と、当て屋の話だもの。現代に置き換えても十分通じます。
むしろ積極的に吉本にやってもらいたい。

今回のトークももっぴでした。3回連続。
相変わらず面白いです。何なんでしょう、この人は。
トーク前半の面白い部分はメモってきたので後ほど追記します。
後半の真面目な部分はもう忘れました(笑)


そして、お待ちかねの「釣狐」。初見です。
なるほど、これが音に聞く釣狐か、と感慨深く鑑賞してきました。
やはり緊張感の漂う番組ですね。始まる前の休憩から、客席の照明をいつもより落としてあったのも、この番組ならではなのでしょうか。あと、台詞のスピードもいつもよりゆったりしていて重々しい感じ。
狐自身は「きつね」のことを「きっね」(促音の「っ」かな)と発音するんですね。これも狐らしい片鱗を見せるためでしょうか?
また、伯蔵主の格好のとき、杖に引っ掛けた数珠をさっと引っ張って「ざらっ」と鋭い音を鳴らすところが効果的だなぁと思って、ちょっと気に入りました。
全体的に深刻な雰囲気だけれど、狐の本性を現わした後半場面は、笑いどころもそれなりにあるなぁと感じました。
「クヮーイ」と鳴くところと、「チョコロ」(私にはそう聞こえる)と狩人のほうを覗き込むところの対比とか。
それから、餌を取ろうか取るまいかと行ったり来たりする所とか。

最終的に、狐は罠にかかるけれども罠を外して逃げていきます。
私はこの結末はけっこう面白いなぁと思ってます。狐が捕まってしまうラストはやっぱり後味がよくないような気がする。そこを敢えて、人間にも狐にもちくりと皮肉を残すような結末になってるのかなぁと思い、そのあたりに面白さを感じました。


見ていて、私が想像していたほどには体力的に辛そうな印象は受けませんでしたねぇ。もちろん実際には大変な番組なのだと思いますが、あまりそれを感じさせなかったのだとしたら、そこは茂さんの技量なのでしょうね。

拍手[0回]

PR
コメント
こんにちは。
またまた大変お久しぶりです(^^)
16日は私も小劇場に行きました。
広忠さんはホントびっくりでしたね。
ただ私の席からは柱が邪魔して
広忠さんの右手しか(あと膝がちょこっと)見えなかった・・・・・
でも今回はそんなわがままは言ってはいけない席だったんです。
初めての1列め☆
チケットが届いた時には狂喜乱舞しちゃいました。
そんな風に間近で見られたので
狐になってからの茂さんの息づかいまで
すごくよく聞こえました。
たぶん私もあれが聞こえなかったら
そんなに大変そうに見えなかったかもしれないのですけれど
ホントにきついんだなぁ~、と思って見ていました。
改めて役者さんてすごいな、と思いました。
それと『呼声』ってすごく好きなので
楽しかったなぁ。
とぼけた太郎冠者やる逸平くん好きなんですよね~。
そう、それと、後見の松本さんの
茂さんを見る何とも言えない優しい目が印象的でした。
素敵でした。
なんだか時々しかこないのに
長々とすみませんでした(^^ゞ
じゅんた 2004年12月18日(土)13:05:52 編集
じゅんたさん、こんにちは!じゅんたさんも小劇場ファイナルにいらっしゃっていたんですね。
お会いできれば良かったですね~

おお!今回は一列目だったんですね!亀井さんが隠れちゃったということは中正面寄りだったのでしょうか…?
でもやっぱり亀井さんはびっくりでしたよね。嬉しかったな~

松本さんの優しい目はいいですよね。いつも笑顔でいらっしゃいますけど、後見の時にはさらに温かい表情になりますよね。
七五三さんが後見をするときは、普段と違って厳しい目つきになるのも実はお気に入りだったりします(^^)
波華@管理人 2004年12月21日(火)00:48:07 編集

初めましての方はぜひ自己紹介を。
お名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック

記事内容に全く関連のないトラックバックは断り無く削除します。
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]