忍者ブログ
――ファンタズマゴリア――     走馬灯のように 次々と移ろいゆく 幻想の中で
プロフィール
管理人:波華
観劇好き。主に狂言、歌舞伎、日本舞踊、大衆演劇、落語などをよく観ます。大蔵流茂山千五郎家、尾上菊之助さん、中村勘九郎さん、尾上菊之丞さん、橘菊太郎劇団、劇団花吹雪、などがお気に入り。
現代演劇で最大のお気に入りは花組芝居。その他、大中小気になった劇団を観に行きます。
日本舞踊のお稽古をしています。
たまに着物や歌やゲーム(DQ,FF)の話題も。
連絡先 e_yassie@yahoo.co.jp
鑑賞予定
おススメの品
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
B000AO8CH4

Colours of Light -Yasunori Mitsuda Vocal Collection-
光田康典
B002EBDN20


最新コメント
2年ぶりのFFコンサート!⇒ AleksiiPex[08/05]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ 波華@管理人[03/14]
たつみ演劇BOX公演@しのはら演芸場 2/11夜⇒ moto[03/10]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ 波華@管理人[02/08]
たつみ演劇BOX公演@浅草木馬館 1/17夜⇒ moto[02/06]
菊花の契り⇒ 波華@管理人[11/19]
菊花の契り⇒ くりみ[10/18]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 波華@管理人[07/04]
遅くなりましたが、感想 「鼓の家」⇒ 蜂須賀承能[07/04]
劇団新感線「蒼の乱」⇒ 波華@管理人[04/25]
カテゴリー
アーカイブ
更新リスト
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセス解析
Ad
三月大歌舞伎 夜の部 3/5
2011年03月07日(月) 17:01:14
新橋演舞場
3階A席


源氏物語「浮舟」
いいお芝居でした。菊之助さん素晴らしかった!!感動しました。久々に。
これは完全に、浮舟が主役のお芝居だね。まぁタイトルロールだし。
役者の格から、匂宮と薫がもっと目立つのかと思っていたので…。



珍しく早くレポ書きあげた!
いい芝居を見たときは、早く書きたくなるのだ。

匂宮  吉右衛門
薫大将 染五郎
浮舟  菊之助

第一幕。
浮舟は、田舎育ちの純真無垢な少女。かわいい!なんて可愛らしい!
声もかなり高めに作っていたし、所作や仕草にも子供らしいところが感じられる。菊之助さん、ずいぶん化けた!すごいっ。
たぶん14歳くらい?(適当)萌え萌え~v庭を駆け回って虫を追い花を摘む活動的な少女。まだまだ幼く健康的。やだなードキドキだよー可愛いよー。

匂宮はやっぱり年齢が…。菊五郎さんの時方と一緒に女談義しているところなんか、ただのえろおやじーずにしか見えないし(汗)
こんな匂宮いやだぁー。もっと、若さゆえの傲慢さを感じる人物であってほしいー。

薫君は、実直で真面目な青年らしさがあって良かった。けど、あんまり印象に残る感じでもなく。損な役回りだと思う。個人的には、同情する気にはなれず、あんたが不甲斐ないからだ、って批判したくなってしまうから~。


第二幕では、浮舟はもう、男の訪れを待つ女になってた。少女らしい活発さは無くなって、声も所作も落ち着いた様子。
こういうふうに少女を大人の女に変えるのは男の罪の一つだよなぁ。と、どこぞの小説で読んだような文句を呟いてみる。
琴は、菊之助さんが自分で演奏してた。と思う。前から弾けたのかなぁ。

薫君にしがみつき、早く私を妻にしてください、恐ろしいことが起こる前に、と必死に訴える浮舟。
緊迫した様子にぐっと心引き付けられました。なんだかうるうる。
浮舟は、匂宮にも心寄せ始めている自分の気持ちに気付いていて、怖くて仕方がないんだよね。

少女のころは、匂宮に抱きすくめられても袿を脱いで逃げられたけれど、寝所に忍んできた匂宮からは、袿を脱いでも逃げられなかった。この違いは、意味深だなぁ。示唆に富んでるよなー。大人になるって、こういうことなのー!?とも思ってしまう。

匂宮の最後の捨て台詞は、残酷すぎる!薫君にとっても、浮舟にとっても。
浮舟が、身を投げ出し泣き伏す姿から深い嘆きがひしひしと伝わってきた。胸が苦しくなるなぁ。

弁の尼に、貴方にも少々の責任が…と言われて、薫君はなぜ?と反論するのだけど。
内心、早く気付けよ、ばかー!とツッコミまくり。
浮舟、可哀そうすぎる。女は哀しいな、と思う。
源氏物語を読むと、いつもそう思うんだけど。
幕切れ、宇治川のほとりにたたずむ浮舟の立ち姿、美しい良い絵でした。



それにしても。
初日近くを選んだのは間違いだった…きっちー台詞入ってないし!ふんぬー。耳を覆わんばかり。そめちゃまもちょっと噛んでたな…。
みんな初役だったのだろうけどっ、菊ちゃんは完璧だったのにさ。


叶うならば、もう一度、観たいー。月後半にね。


やることあったんで、後に続く演目は見ずに帰ってしまいました(汗)
浮舟でじゅぅ~ぶん満足したから、いいんだ!

拍手[0回]

PR
コメント
来週「浮舟」観にいく予定です。

わたしも最初キャスティング見たとき、ちょっと。。。と思いました。
芝翫さんの藤娘はありですが、これは年齢違和感あるなぁと。

むしろ、染五郎さんが匂宮で、勘太郎さんあたりが薫君ではどうでしょうか。
まんますぎますか。
ただ、染五郎さんのプレイボーイぶりが見たいだけですね(笑)

そして、源氏物語、大衆演劇でやってくれないかな。
以前、某劇団にお願いしたことあるんですが、衣装がムリ~と言われました、、、
ジュン 2011年03月08日(火)14:12:04 編集
>ジュンさん
来週、観に行かれるんですね~。
年齢の違和感は…ねぇ。まあ仕方がないですが、台詞がもう少しマシになっていることを切に願っています!

>むしろ、染五郎さんが匂宮で、勘太郎さんあたりが薫君ではどうでしょうか

私もまさに、その配役、考えました!
私も、染五郎さんのプレイボーイっぷりと、勘太郎くんの真面目堅物くんを観たいと思ったんですぅ。絶対に似合いますよねぇ。そして寝所に忍んだ匂宮と浮舟でもっとエロティックな絵を期待したいwww

大衆演劇で、やってほしいですねー!
狩衣はあっても、女の装束が難しいんでしょうねぇ。きっと。
波華@管理人 2011年03月08日(火)14:24:58 編集

初めましての方はぜひ自己紹介を。
お名前
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック

記事内容に全く関連のないトラックバックは断り無く削除します。
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]